【ポートフォリオ】illustratorでPDFを軽くする方法


美術系学生の皆さんは、そろそろ本格的にポートフォリオを作り始めるにあたり、準備を着々と進め始めている頃だと多います。今後作品を企業に見せる機会が増えていくと思いますが、時には「まずはデータを送って見せて欲しい」という事もあります。こんな時、作品をデータ化して企業にメール等で送信することになるのですが学生のみなさんの中で意外に多いミスが、「データサイズが重すぎる」ということです。
キレイなデータを見て欲しい気持ちもありますが、そもそもが重すぎるデータを(数百MBなど。。。)送りつけるのは、相手もびっくりです。下手すると「この子は、データの圧縮も知らないのか。。。」などと、マイナス点にも。せっかくのチャンスをデータサイズで無駄にしないためにも、的確なPDFの作り方を覚えておくと良いでしょう!それでは美大芸大就活ナビ的「【ポートフォリオ】illustratorでPDFを軽くする方法」をお伝えしていこうと思います。ぜひ参考にしてみてください。
 
 

Illustratorでの保存について

 


 
やり方一つで、同じデータでも「画質のキレイさはある程度担保しつつ」ここまで軽く作成できます。(特に画像の配置が多いデータに有効です)
 

 

①Illustratorファイル→別名保存

まずは必要なアートボードの書き出しです。
ここで、書き出したいページを選択して「別名で保存」→「PDF」を選択します。
 

 

②【Illustratorの編集機能を保持】のチェックを外す

 


保存のポイントとしてまずは【Illustratorの編集機能を保持】のチェックを外しましょう。これを外すだけで、データサイズが非常に小さくなります。
※このチェックを入れておくと、PDFをIllustratorで開くことができますが「ポートフォリオを見せる」という目的であればチェックをつけておく必要なあまりないでしょう。
 

③圧縮は【ダウンサンプル】しましょう

 
さて、ここで次に「圧縮」を見てみましょう。通常ですと、ここはカラー画像もグレースケール画像も「ダウンサンプルしない」になっています。ここの圧縮を調整するのかポイントです!


 

【ダウンサンプルしない】→【ダウンサンプル(バイキュービック法)】に変更しましょう。
②カラー画像とグレースケール画像を
圧縮→【自動(JPEG)】
画質→【最高】
(それでも重い場合は画質→【高】くらいでも良いかもしれません※画質的に問題ないかはPDFを確認しながら作ると良いでしょう)


 

今回はレイアウトの王道イラストレーターでのPDFの作成方法をご紹介しました。美大芸大就活ナビ的「【ポートフォリオ】illustratorでPDFを軽くする方法」はいかがでしたでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【ポートフォリオ】モックアップおすすめ素材
【ポートフォリオ】制作ソフトおすすめBest3!