【ポートフォリオ作りのコツ】第7回:今ある作品をプラスアレンジしてみよう


就活もスタートしたものの、もう少しPFを良くしたい!と思いながらも「1から作品を作るのには時間がかかる」と思っている方に、少しだけ「プラスアレンジ」でPFを良く見せられる(かもしれない?)レイアウトのアレンジについてお伝えします。

今ある作品にちょっとだけ広がりを!

今回はPFでありがちなレイアウトに、【ポートフォリオ作りのコツ】でもご紹介している「モックアップ」「キャプション」の入れ方をアレンジして、動きのあるレイアウトや作品に想像が広がるアレンジを加えるものポイントです。今回はそのお話をしていこうと思います。

ヨハクデザインもまとめデザインも正解

「どっちが良い」ということは無いのです。それも一つの個性だから。
ただ、「ヨハク」と「間延び」は違うので、もし今の自分のPFが「少し単調かな?」「もう少し作品数を増やしたいな」と思っていたら、少しここの記事にお付き合いください。

PFではおなじみレイアウト

よく学生のPFを見せてもらうことがあるのですが、結構1つ1つのカテゴリーでページ分けをしている「定番レイアウト」。このパターンはよく右上や左上に作品の「種類」がキャプションになっていることが多くみられますね。
 

 

作品にイメージを追加して動きを持たせよう

せっかく考えた案なので、もっと世界観やテーマをギュッと詰め込んでみると、最初ページで「どんなことをしたのか?」がパッと伝わりやすくなります。
 
【1ページ目】
・ロゴマーク
・テーマ
・キービジュアル
・世界観の伝わるイメージ(←追加アレンジ)
 
サイズ感がわかるイメージがあれば、キャプションにわざわざ寸法などの細かいサイズ表記もなくても良いですね。この段階で追加したのは、イメージの画像に作成した「ポスターデータの合成」を追加しただけアレンジです。それでも雰囲気はグッとUPしますね。
 


 

【2ページ目】
・パッケージデザイン
・パッケージのモックアップ(←追加アレンジ)※今回使用したモックはこちら
・追加でショップで必要なアイテム案(←追加アレンジ)
 
今回はカフェのデザインを想定して作った作品なので、先に考えたパッケージデザインを実際にモックアップを使ってリアリティを出すようにします。
また、追加でイメージを膨らませて他のツールの展開も増やしてみました。これなら、もともと考えていた作品に追加要素を加えるというブラッシュアップなのでそこまで時間は取られないので、今からでも可能な範囲内ですね。
 

 
いかがだったでしょうか?もし、PFのブラッシュアップを再度検討している学生は参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい

【就活準備】ポーオフォリオ作りに関する素材・ソフトのことなど
【ポートフォリオ】モックアップおすすめ素材
【ポートフォリオ】モックアップの使い方
【ポートフォリオ】文字組み教室
 

ポートフォリオアドバイス

美大芸大就活ナビ2020に登録し、個別サポートを希望するにチェックのある方は、別途ポートフォリオのセミナーやワークショップに参加が可能です。また、実際に直接ポートフォリオ作りで困った時にデザイナーからのアドバイスなどを聞くこともできます!ご登録は<コチラ>から!