bingをさわってみた。


こんにちわ、greenです。

MSから「bing」がリリースされたというニュースが話題になっていますね。GoogleとかYahooのような検索エンジンの一つですが・・・。
「意思決定エンジン」と銘打ったこのサービス、発表から2週間でどんどんとシェアを伸ばしているそうです。
まだ日本語版はそこまで劇的な感じではないらしいんですが、それでもいろいろ便利らしいということで、とりあえず使ってみました。

まず目を引いたのがインターフェイス。でかでかと一面に写真画像。。。
こういうデザインってありそうであまりなかったかもしれません。
他の検索サービスとは違う感じで、逆にちょっと新鮮。

で、使い心地はというと。。。
触った程度でいうのもなんですが、どちらかというとYahooよりもgoogleに近い感じでした。
他の検索エンジンより、なんだかリンク先ページの要約がほかよりわかりやすく感じました(感覚だけなのでなんともいえませんが。。。)。

個人的には画像検索が結構好みだったかもしれません。

画像をみると、イラストか写真か、縦長なのか横長なのか正方形か、サイズはどれくらいか、モノクロかカラーか、などいろいろ選べます。
検索したのがなぜか「本棚」だったのであまり関係なかったのですが(笑、人物だと顔のみ、肩上、その他から選択も可能なようです。
ささっとイメージ画像を検索したいときなど、色を細かく選べるgoogleと上手く使い分ければ、いろいろ探したいものが見つかるかもしれません。

その他、「xRank」という項目が気になって仕方ありません。。。

bing自体の設定も自分好みにいろいろいじれるみたいですね。また触ってみようと思います。

Webの世界では、どんどんいろんなサービスが出てきており、探せばいろいろと自分に合った便利なものが見つかってすごいなーと思うことが多いのですが、同時にサービスを作っている開発者はもちろん、その技術に絡んでくるWebディレクター・Webデザイナー・コーダーなどの皆さんはあまりの技術進歩のめまぐるしさに大変だろうなあと思ってしまうのでした。

おかげで便利に暮らすことができます。ありがとうございます。