【事例相談】求人媒体募集での採用がうまくいかない・・・


昨今、中途採用に求人媒体を使用し、採用自体はできているが、その後の定着率が
良くなく困っているとのご相談を受けるケースが増えています。

優クリエイトでは、例えば下記のようなご提案をさせていただいています。
同様なケースでお困りの際は是非ご相談ください!

・業種  :制作会社
・募集背景:求人媒体で正社員の募集をしているが、定着率が悪く、結果的に費用対効果が良くない

・対策  :どうして離職が多いのかをヒアリング
      →業務内容と本人の認識に差が生じている事が判明

・対処方法:紹介予定派遣での採用を提案、実施
      1.求職者に対し、優クリエイトより予めメリット・デメリットを周知
      2.派遣期間を設け、マッチ度合いを双方で見極める期間を作る

・結果:  進行管理とデザイナー各1名の採用に成功、その後も無事定着!
      2ヶ月の派遣期間を設け、先方・スタッフ双方問題ないか見極め、
      優クリサイドでもスタッフのフォロー及びクライアントへのフィードバックを実施。
      入社後のイメージをつけることによってミスマッチを防ぐことができた!