伝統


寒いですね・・・。。ミヤです。

昨日は東京でも初雪が観測されたようで
まだまだ冷え込みが増しそうですね。
皆さんは体調は万全ですか?

先日、成人式がありましたね^^
いよいよ平成生まれの方々が成人かぁと思うと
不思議な気がします。
(私も年をとりました・・・)

毎年なぜか”荒れた成人式”ばかり取り上げられ
あまり良いニュースが流れない中、
特に有名な(?)沖縄県の名護市の様子が流れていました。
そこでは、代々受け継がれている伝統があるようで
成人式を終えた若者が揃って丘に向かってカウントダウンを行うと
そこに現れたのは

の一文字。

地域の人、恩師、友人、家族、先輩
それぞれに感謝の気持ちを伝えるため
協力しあって灯したそうです。

「まだまだ捨てたもんじゃないなぁ☆」
なんて、嬉しい気持ちにさせてもらいました。

同時に自分の成人式を思い出してみると
地元の式典に参加もせず、のんきに近くのお寺で
お団子を食べていた記憶しかありません 笑

そして七五三以来?という勢いで
両親に写真を沢山撮られました 苦笑

ただ、母親が自身の成人式のために親(私の祖父母)に
買ってもらったという立派な着物を着させてもらったのが
とても印象的です。
その着物は姉も着ており、きっとこの先も
代々受け継がれていくものだと思います。

その当時はあまり深く考えていませんでしたが
こうやって家族と繋がれるのも、幸せなことかも知れませんね☆