確定申告が始まります。


 優クリエイト 代表取締役  高橋です。

明日より確定申告が始まります。
2009年度の国の税収は前年度比17%減の37兆円にとどまる見通しです。
所得税は12兆7650億円と15%減る。
なかでも法人税が5兆1700億円と半減すると予想されています。
国家予算が約85兆円ですので企業なら間違いなく倒産ですね。

さて、今回は確定申告の話です。

会社員の場合には所得税が給与の支払い時に天引きされているため、関心が薄い傾向にあります。

所得税の基本は毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算し、申告・納税しなければなりません。

派遣社員の場合、複数社から派遣就業している場合やフリーランスとして副収入がある方など一般的な会社員とは異なるため、税金に対する知識を身につける必要があります。

しかし、完全に確定した金額である所得税を計算することはその年度が終わらなければ算出は不可能なので、給与所得の場合には概算で給与から控除し、その精算を年末調整で行っています。  また、フリーランスなどでの事業収入のある方はあらかじめ源泉徴収という形で税金を差し引かれています。
これれは全て予定納税であり、税金を概算払いしていると言えます。

事業収入のある方は源泉徴収という形で納めていますから、確定申告は関係ない、と思われがちですが、そうでもありません。

確定申告は所得税を納めるための手続ですが、納めすぎた税金を返してもらう手続でもあるのです。

所得税を納めすぎていても、税務署は知らせてくれません。
なにしろ自分から申告する「申告納税制度」ですから。

無駄なく賢く納税するためには、確定申告について知っておくことが必要です。

そのためには正しい知識を持ち、普段から領収書を管理しておくことが大切です。

事業収入を得るためにかかった費用
医療費の明細書
国民年金・国民年金基金の支払証明
生命保険料・地震保険料の控除証明
住宅ローン控除の借入金残高証明書等

当社では、毎年派遣登録クリエイターのために、初心者向け税金セミナーを開催しています。 

これは、納税と言う自己義務は他人任せにはせず、もっと関心をもって欲しいとの願いから毎年開催しております。

http://www.y-create.co.jp/seminar/100201.html 

毎年、登場する講師の小谷裕明先生には多くの反響がありますよ。