デザイン・シンキングって?


おはようございます!自称広報担当兼優クリなかの人、YK2です。
気が付けばゴールデンウィークも終わってしまいましたね。
(まだ大型連休中の方もいるのでしょうか?)

まだ連休気分が明けきらない今日この頃ですが、
YK2がちょっと気になっていることをご紹介します。


それは何かと言うと・・・

「デザイン・シンキング」

です。


最近、「デザイン・シンキング」と言う言葉を目にするようになりました。
ソニーやヤフー、日立製作所などの大手企業が注目し始めている、とのこと。
直訳すると、「デザイン思考」ですが・・・さて、いったいなんなのでしょう?

「デザイン」と付くからには、見逃せません。笑


早速調べてみると、
1980年代に用語として登場したもので、
「人間中心、ユーザー視点、実用的、コラボレーションなどのキーワードを持つ問題解決アプローチ」
とのこと。


うーん。。


この情報だけだと、まだなんのことだかさっぱり分かりません。


調べていくと、
「優秀なデザイナーやクリエーティブな経営者の思考法をまねることで、
これまでとは全く違う新しい発想を生み出そうとする手法」
という紹介文に出会いました。
うん、これならなんとなくわかる気がします。

さらに調べていると、「デザイン・シンキング」は「イノベーション」と言う単語と
密接な関わりがあるようです。
どうやら、「デザイン・シンキング」をビジネスに活用すれば、
「イノベーション」を起こせるようになる、ということらしいです。


今までは既存の技術や市場をベースとする「ロジカル・シンキング」でしたが、
「デザイン・シンキング」では生活者である人間を起点としたアプローチを行います。
人々の行動や考え方、感情などを観察し、ニーズを理解した上で
アイデアを考え、求められているものを作り上げていきます。

まとめると・・・
デザイナーの思考法を利用して、より人々のニーズにあったものを生み出す!
これがYK2なりに導き出した「デザイン・シンキング」の答えです。

デザイナーの方には自らの得意分野を活かすチャンスになるかもしれませんね!

そんな「デザイン・シンキング」を学ぶのに良さそうなセミナーが開催されていました。
これは受けてみたかった!世界最高の授業、だそうです。
参加できなかった方のためのページなので、内容が詳しく書かれていて勉強になりました。

優クリエイトでもこういうセミナーをやってみたら面白そうですね!
よし、企画を会議に出してみよう!・・・と野望に燃える連休明けのYK2なのでした。


——-お気軽にお問合せください!———————————-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★求人のご依頼は【コチラ】からどうぞ★