タブレット端末と、スマホとパソコンについて。


おはようございます、自称広報担当のYK2です。
どうやら今日あたりから関東も梅雨入りのようですね。。
今夜帰宅時くらいの時間帯は土砂降りらしいですよ!みなさん、傘の準備を忘れずに!!


さて、そんな今日はYK2が気になった記事のご紹介から。

13年度の国内タブレット端末の出荷台数は、前年比30.5%増の748万台だったそうです。

30.5%!
やっぱりすごい増えているんだなー
なんて思っていたら。

実は伸び率的には下がっているそうなんです!!

10年度にタブレットが登場して以来、倍増ペースが続いていたところが
ここにきてようやく落ち着いてきた、という感じのようです。

ちなみに、OSのシェアではAndroidがiOSを抜いてはじめての1位に。
(とは言え、かなりの僅差)

メーカー別でみると、やはりAppleが43.8%で断トツの1位だそうです。

今年度のタブレット市場、引き続き増加ペースは落ち着く予想とのこと。
また、ドコモからもiPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルが発売されることが発表され、
iOSが巻き返しを図れるかどうかに注目が集まりそうです。


近年、スマホは大型化、タブレットは小型化の傾向にあり、
「ファブレット」という、「Phone」と「Tablet」とを合わせた造語ができるまでになっています。

また、日本マイクロソフトが発表した「Surface Pro 3」はノートPCとしても使用できるタブレット端末として話題になっています。

microsoft-surface-pro-3-hands-on
最近、スマホ、タブレット、ノートPCの境目がどんどんなくなってきているような気がします。

「会社ではパソコンだけど、自宅にパソコンはいらないかも」
「家のパソコンを買い替えたいけど、タブレットでも十分??」
上記のように何をどう選べばいいのか?と悩む声もよく聞くようになりました。

画面サイズや拡張性(マウスやプリンター、ハードディスクやDVDドライブなどにつなぐ機能)、
インターネットへの接続方法、OS・・・などの違いをポイントに、
自分が「その端末を使ってどんなことがしたいのか?」を考えて選ぶといいのかな、と思います。

また、それぞれ個別に使うだけでなく、組み合わせて使うとさらにできることが広がって楽しめますよ!


・・・なんて記事の下書きを、iPad miniで書いていたYK2なのでした。


——-お気軽にお問合せください!———————————-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★求人のご依頼は【コチラ】からどうぞ★