Yahoo、死後にメッセージ送付や課金停止、データ削除を実現


おはようございます、YK2です。

梅雨はもう明けたのでしょうか?
暑い日々が続いていますね。
こまめな水分補給を忘れずに、本日も頑張ってまいりましょう!

さて、本日は自身の死後についてのお話です。
(東京はちょうどお盆の時期ですよね)

インターネットの発展により、インターネット上でも自分らしい最期を迎えたいという人が、増加しているんだそうです。
また、死後のアカウント管理について取り決めがなされていなかったり・・・
という問題点も指摘されています。

このような背景を受け、今回ヤフーが鎌倉新書の協力のもと、
Yahoo!エンディング」を開始しました。

yahoo

「Yahoo!エンディング」は人生の最期(ライフエンディング)に関連する総合ポータルサービス。

「生前準備」「葬儀手配」「相続・遺言」など5つのカテゴリーが用意されています。
「生前準備」では、自分が死亡した際に最大200名に向けて送付されるメッセージを作成しておける機能や、
訪問者による追悼メッセージを残せるメモリアルスペースを装備するなど、
自分の生きた証を死後も残せるようになっているんだそうです。

また、生前に利用していた「Yahoo!ウォレット」の課金を停止したり、
「Yahoo!ボックス」のデータ削除も可能なんだとか。

ちなみに、「生前準備」の内容は、公的証明書(火葬許可証)をもとにした利用登録者の死亡確認後に
実行されるそうなので、なりすましによる遺言メールの誤送付などの心配は不要なんだそうです。


なるほどー。
確かに、SNSやブログなど、インターネット上の自分が残したデータが
死後どうなるか・・・なんて考えたこともありませんでした。

実際に自分の手元にある荷物だけではなく、インターネットが発展した現代だからこそ、
こういった問題も出てくるんですね。
他のサイトでも、今後こういったサービスがどんどん出来てくるかもしれません。

実は先日YK2も、知人の方が亡くなられたことをご本人のSNSに知り合いの方が書き込んでいるのを見て
初めて知る、という出来事がありました。

そんなことがあったばかりということもあり、この「Yahoo!エンディング」のサイトを実際に見てみた際も、
なんだかとても感慨深い気持ちにさせられました。

朝から自分の人生に関していろいろ考えさせられたニュースのご紹介でした。


———-お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate