鰻とマーケティング!?


今日は「土用の丑の日」ですね!
小さい頃は鰻が苦手でしたが、今はすっかり大好きになったYK2です。
今日はなぜ土用の丑の日には鰻を食べるのか?について少し調べてみました。
 
いろいろと調べてみたところ、
暑い時期を乗り切る栄養をつけるために、土用の丑の日に鰻を食べる、
という習慣の由来についてはいくつかの説があるようです。
 
その中で一番有名なのが、平賀源内が発案したという説。
 
夏に売れない鰻を何とか売りたいと相談に来た鰻屋に、
源内が「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたそうです。

元々、丑の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)
を食べると体に良いとの言い伝えがあったことを踏まえて・・・のアドバイスだったようです。
 
このアドバイスを受けて、店先に「本日丑の日」と書いたところ、このお店は大繁盛!
それをみた他の鰻屋も次々に真似をして、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着・・・。

なんだかどこかで聞いたことがあるような話ですよね?
 
この話を聞いて、
バレンタインデーのチョコレートや
年越しそばならぬ年明けうどん(今年結構話題になってましたよね?)
・・・などなど、ちょっぴり現代のマーケティング的な発想だな~と感心してしまいました。
 
ちなみに、鰻にはビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれているため、
夏バテ・食欲減退防止の効果が期待できるので、
今の時期に食べるのは確かに体に良いと言えそうです。
 
そんな鰻の旬もちょうど今!
 
・・・と言いたいところですが、
冬眠に備えて養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期が旬だそうです。
 
 
 
とは言え、せっかくなので今晩は夏バテ対策に鰻、いかがでしょうか??