世界の広告市場は2014年、2015年ともに前年比5.0%増!


おはようございます、YK2です。
あっという間に3連休が終わってしまい、寂しい今日この頃です。

今日は世界の広告市場に関するニュースをご紹介します!

10日に世界の広告費成長率予測の定期改定が発表されました。

日本の2014年の広告費成長率を2.0%増と、3月の前回発表からわずかに上方修正。
15年の同成長率は1.7%増で前回と変わらず、でした。
全世界では、2014年が成長率5.0%増(前回4.8%増)、15年は同5.0%増(前回と同じ)とのこと。

この数値は、電通グループのCarat(カラ)が年に2回、3月と9月に
全世界59地域から収集したデータを基に世界の広告費の成長率予測を行い、発表しているものです。

20890_01-2
2014年の世界の広告費は、ロシア・ソチでの冬季オリンピック・パラリンピック、
ブラジルでのFIFAワールドカップ、米国での中間選挙などの大イベントによる影響がが前回調査の想定を上回ることから、
前年比4.8%増から5.0%増へと成長率予測が改定されました。
ちなみに、特に成長率が顕著なのはラテンアメリカで12.1%増(3月時の予測12.8%増)だそうです。

日本に関しては、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果や、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催決定を受けて微増した形で、
これで4年連続で広告費成長率が前年を上回る見通し、とのこと。


2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、
日本の広告費成長率はこのまま伸びていくのでは・・・と勝手に予測しているYK2なのでした。

———-お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》 https://twitter.com/ycreate

CPI x CSS Nite x 優クリエイト「After Dark」(15)』(2014年10月16日開催)