「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2014」決定!


おはようございます、YK2です。
なんだか週明けの気分ですが、もう週の真ん中水曜日。
曜日感覚がなくなりつつある今日この頃です。


さて、本日は若手映像クリエイターを表彰する
「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー」の受賞者が決定したというニュースです。

「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー」は、
映像クリエイターの発掘・育成・映像技術の向上を図り、制作サイドの見地から表彰を行うもの。
34歳までを応募資格としており、今回の応募数は12社22人22作品だったそうです。

テーマは、「みんなの宝物」(60秒)。

評価ポイントは、それぞれの「プロデューサー力」「プロダクションマネージャー力」。
「作品賞」ではないんだそうです。

そんな評価ポイントで審査された結果、受賞したのは、
西井舞氏(電通クリエーティブX)、高島夏来氏(東北新社)、井上潤一氏(電通クリエーティブX)の3人。

作品自体が評価されるのではなく、「プロデューサー力」「プロダクションマネージャー力」が
見られる賞というのは面白いですね!

アピールポイント欄には、対象作品に対し、クリエイティブあるいはその表現にどのように貢献したか?
制作アイディアはあるか?など、自分の言葉でアピールするんだそうです。
実際にどんな言葉でアピールしているのか、ちょっと見てみたいなーと思ったYK2なのでした。

———-お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》 https://twitter.com/ycreate

CPI x CSS Nite x 優クリエイト「After Dark」(15)』(2014年10月16日開催)