おしゃれすぎる・・・マンホール!?


おはようございます、YK2です。

街中で、カラフルなマンホールを見かけたこと、ありませんか?
日本では観光地などでお馴染みの地域特有の絵柄が描かれたマンホール。
誰でも一度は見たことがあるのでは。

凝ったデザインのものを見付けると、思わず写真に収めたくなったりしますよね!

ちなみに、マンホールが日本に最初に導入されたのは1881年だそうです。
当初、日本のマンホールは欧米の影響を受けていましたが、
その後は高温多湿、豪雨、台風、人口過密、交通事情・・・など日本特有の風土・環境を加味しながら
独自に進化の道を辿ってきたようです。

80年代ごろから、国内の各自治体が独自にデザインしたカラフルなマンホールの蓋を相次いで設置。
絵柄のモチーフは植物、動物、風景、建物、工芸品、スポーツから漫画まで、様々です。

最近では「マンホールサミット」や交流イベントが開かれるなどブームが盛り上がってきており、
海外の方からも絶賛されていて、話題になりつつあるんだとか。

そんな話題のご当地マンホールをいくつかご紹介してみたいと思います!

岡山県岡山市、金太郎をモチーフにしたマンホール。
okayama

静岡県富士市は、かぐや姫がモチーフ。
shizuoka,fujimisi

広島県広島市の折鶴モチーフ。
hiroshima

山口県小郡町はSL!
yamaguchi

高知県香美市はやなせたかし氏デザインのご当地キャラ「龍河洞リューくん 」。
kamisi

各地の特色が出ていて面白いですねー!
ここでは紹介しきれないくらい、たくさんのご当地マンホールがあり、
どれを紹介するか迷ってしまいました・・・。笑

今週末は3連休。
観光地に行かれた際は、是非その足元にも注目してみてくださいね!

———-お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》 https://twitter.com/ycreate

CPI x CSS Nite x 優クリエイト「After Dark」(16)』(2014年11月20日開催)