夢の共演!?


ドラえもんやミッフィー、ピカチュウなど、子どもたちに大人気のキャラクターたちが、
手をつないでいる画像が掲載されている「てをつなごう だいさくせん」が話題になっているそうです。

どーもくんのキャラクターデザインなどを手掛けるアニメーション作家の合田経郎氏の発案で、
大好きなキャラクターたちが手をつなぎ、ほほ笑みかける姿を見ることで、
被災地の子どもたちを少しでも笑顔にして、安心を届けたいという考えからスタートした企画だそう。

普通に考えると、実現不可能ともいえるこの企画。

「子どもたちに笑顔を」という企画の趣旨に数多くの企業が賛同し、
3月23日にスタートした際には18体のみだったキャラクターたちに、次々とおともだちが増えていき、
現在では40体にも及ぶキャラクターたちがてをつなぎ、微笑んでいるそうです!

40体!
まさに夢の共演ですね。

ちなみに、サイトからはプリント用やモバイル用、そしてバナー用など、
さまざまな形で手をつなぐキャラクターたちの画像をダウンロードすることが可能。
さまざまなツールを使って子どもたちが見える場所へ運んでほしい、とのこと。

現在では、被災地に送られる支援物資が入った段ボールなどに貼られたり、
徐々に広まりつつあるようです。

まだ余震も続いており、暗いニュースが多い中、大人でもワクワク出来る画像ですよね!
こんな形で被災地を応援することが出来る、クリエイターの力って本当に素晴らしいと思います。

そして、ここで紹介することで少しでも子どもたちが見える場所へ
この夢のある共演が運ばれていったらいいな~と思うYK2なのでした。