確定申告とは・・・?


おはようございます、YK2です。
今日は今週末の初心者向け確定申告セミナーの準備で、税務署までいってきました。

shibuya
・・・という訳で、今日はそろそろ皆さんが気になり始めた確定申告についてです。

まずは・・・
2015年の確定申告期間は、2015年2月16日(月)〜3月16日(月)です。
この期間内に、2014年1年間分(1月~12月分)の会計結果を税務署へ報告(確定申告)することになります。

そもそも確定申告って何?という人のために、今日は確定申告について
簡単な説明を書いてみたいと思います!


確定申告とは、1年間に得た所得金額を総合計してその所得金額についての税金を確定し、
源泉徴収や予定納税で納めた税金と比較して納め過ぎていないか、
納め足りないかを確認して精算する手続きのことを言います。

—–
ちなみに・・・
「源泉徴収」とは、給与などから税金を差し引かれること、で
その金額を証明する書類が会社からもらう「源泉徴収票」になります。

また、「予定納税」とは、個人事業主の方が前年に15万円以上納税すると、
翌年途中でその半分を先に納税することになる制度のことです。
—–

続いて、確定申告が必要な人について。

通常、会社員や従業員として働かれている方は、会社で「年末調整」という
処理を行っています。

この「年末調整」によって1年間の給与に対する所得税を精算している為、
基本的に改めて確定申告をする必要はありません。
しかし、次のようなケースは確定申告が必要となります。

・給与所得や退職所得以外の所得(雑所得やフリーランスとしての収入など)の合計が20万円を超える場合
・2カ所以上から給与をもらっている場合
・途中で退職し、その後就職をしないまま年末を迎えた場合
・転職をしたが、新しい職場で年末調整をしていない場合
・転職後に新しい職場で年末調整をしてもらったが、2014年中に働いた前職分の収入が入っていない場合
・年末調整は済ませたが、生命保険や社会保険の控除をし忘れてしまった場合
・1年間の医療費(家族分も含めてOK)が10万円(もしくは所得の5%以上)を超える場合

一方確定申告が必要ないケースは・・・
・週末にバイト等の副業を一切していない会社員や従業員の方
・所得の少ない(所得控除額の合計以下。基礎控除のみなら38万円以下)方

となります。

いかがでしたでしょうか?
ご自身が確定申告が必要だと分かった方は、早速確定申告の準備を進めましょう!

国税庁のHPで確定申告の特集が組まれていますので、参考にしてみてくださいね。
こちらのコンテンツには、確定申告書類が作れるコーナーもありますよ。
きちんと申請すれば、払い過ぎていた税金が還ってくる方も多いんです。

面倒だから、と後回しにせずに今から準備をして確定申告してみてくださいね!

———-お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》 https://twitter.com/ycreate