【社長ブログ】中小企業、海外に集団進出


優クリエイト代表、高橋です。

今日の日経新聞一面で「中小企業、海外に集団集出」という記事を読みました。

これまで、自治体は企業の海外への流失阻止に懸命でしたが、一転、自治体が本格的な海外進出の支援に乗り出しているという。

これだけの円高や国内市場の低迷、少子化などを考えると中小企業に国内に留まることを強要することは逆に大きなリスクがあると判断したのでしょう。

そこで、国内に拠点を残すことを条件に、むしろ海外進出を支援するという逆転の発想です。

海外で収益を稼いで、生き延びる方が産業空洞化の阻止につながると決断したようです。

各自治体ごと集団進出のための相手国候補が異なっているようですが、集団で工場団地へ共同進出ならば、専門家のいない中小企業でも進出は十分可能です。

大企業の生産拠点が海外にシフトしている以上、中小企業にとっては避けて通れない道になります。

この動きは、益々、加速するでしょうね。

某都市銀行のアジアビジネス推進室の方とお会いしましたが、どのように収益を日本に持ち込むかを考えておく必要があるとのことです。

外貨の持ち出しを厳しく規制している国が多いようですから。

いずれにしても、これからの若い人はグローバルな視点が欠かせませんね。