世界から200作品の短編映画が集結!


おはようございます、YK2です。
週末は蛍を見てきて、一足先に夏を感じてきました!

さて、そんな本日は国際短編映画祭、に関してご紹介します。

6月4日より開幕したのは「SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2015」。
同映画祭は、米国アカデミー賞公認国際短編映画祭で、今年で17回目を迎えます。
アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的に誕生した映画祭です。

今年のテーマは、「Cinematic Moment ~映画になる瞬間~」で、世界100以上の国と地域から集まった約5000本の応募作品の中から
選ばれた約200作品が東京5会場と横浜会場で上映されます。

cinemataic

初日のオープニングセレモニーでは、日本のショートフィルム文化の発展・普及に貢献した作品・人物に贈られる「話題賞」、
メディア・映像業界において、特別な貢献をした作品・人物に贈られる「特別賞」、
映像を通して地球環境保護の啓蒙に貢献した作品・人物に贈られる「地球を救え部門!」の「J-WAVEアワード」および「環境大臣賞」、
公募で選ばれた短編小説をショートフィルム化する「ブックショート アワード」の5つの賞の発表と授賞式が行われたそうです。

話題賞を獲得したのは、パラパラ漫画が日本国内のみならず海外でも高い評価を得ている
鉄拳の新作オリジナルパラパラ漫画『SLIDE』。

フィギュアスケート選手の少女が競技中に転倒しながらも、亡き母親のサポートを思い出し最後まで演技を続ける姿を、
ジェットコースターで滑走する視点で描いた作品なんだとか。
フィギュアスケートの浅田真央選手をモデルにしているそうです。

作品上映は14日までで、15日の授賞式にて発表されるグランプリ作品は、
2016年度の米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になるんだとか。

ちなみに、ショートフィルムは、短いものは1秒から、長いものだといろんな長さの尺がショートフィルムとして定義されているそうです。
ショートショート フィルムフェスティバル&アジアのオフィシャルコンペティションでの規定は25分以内、
アカデミー賞は45分以内、カンヌ国際映画祭の規定は15分とされています。

一部のイベントを除き、無料上映されているそうなので、
興味のある方は会場まで足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

———-お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちらのオンライン仮登録よりご連絡ください★

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》 https://twitter.com/ycreate

★《Line@:お得情報を配信します!》友だち追加数