訪日客対応の自販機!


アサヒは訪日観光客向けに英語音声で缶コーヒーなどの商品を説明する「対話型自動販売機」の実証実験を始めるそうです。
「訪日観光客が自販機での購入をためらっている」というデータを元にした企画なんだとか。

実験機は利用者が画面をタッチしたり音声で話しかけたりすると、商品説明を英語で聞けるというもの。
東京・浅草寺の雷門付近に2月まで1台設置され、利用した人のデータを蓄積・分析した上で、訪日観光客の商品購入やリピートを促す施策につなげる予定とのこと。

ちなみに、話しかけた音声はインターネットを介してサーバでテキストに変換、解析後に適切な回答を選び、音声に変換して流す仕組みなんだそうです。
缶コーヒー「WANDA(ワンダ)」なら、「朝に飲むのにぴったりな商品ですが、午後に飲んでもおいしいですよ」などと話すそうで、23商品に対応。
どんな説明が聞けるのか、ちょっと試してみたくなりますね!

今後、中国語でも実験が予定されているそうです。
東京オリンピック開催に向けて、こうした自動販売機が増えていくのかもしれません。

———お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちら:オンライン仮登録
 
★正社員・紹介予定派遣の情報はこちら:グラフィックデザイナーなどの正社員求人・転職

★スポット・週4日以下・時短の情報はこちら:スポット派遣で働く 週4日以下・時短で働く

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》
http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》
https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》
https://twitter.com/ycreate