落ちる?受かる??運命が分かれる退職理由


転職活動をはじめる際に退職理由について正直に話すべきか…と悩む方は少なくないと思います。
本当の退職理由を正直に話される方も、表向きに当たり障りない退職理由を答える方もいらっしゃいます。

「よりスキルを磨きたい」「仕事の幅を広げたい」などが代表的な当たり障りのない退職理由ではないかと思います。
実際面接時にこのように答えたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

-shared-img-thumb-TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V

しかし、忘れてはいけないのは面接が設けられる本当の意味や理由です。

面接は無難な受け答えや内定をもらえるような模範的な解答をすることが求められている場ではありません。
当たり障りのない退職理由を伝えることで、本当はネガティブな理由で退職したのでは…という疑いを持たれてしまったり、本音や本心を聞けていないという印象が残ってしまい、最終的な判断の際にマイナスの評価となってしまうこともあるのです。

ネガティブな退職理由から転職する方は少なくありません。
そこを隠すのではなく、前向きに伝わるように工夫しながらしっかりと本音で話をしていくことで、当たり障りのない退職理由よりも内定獲得に近づく可能性も。
なかなか内定が獲得できない方は、退職理由の伝え方について一度考え直してみてもよいのかもしれません。

———お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちら:オンライン仮登録
 
★正社員・紹介予定派遣の情報はこちら:グラフィックデザイナーなどの正社員求人・転職

★スポット・週4日以下・時短の情報はこちら:スポット派遣で働く 週4日以下・時短で働く

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》
http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》
https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》
https://twitter.com/ycreate