【2018年】高橋代表から社員への年頭あいさつ


1月5日、2018年の優クリエイトの仕事はじめに合わせ、高橋代表取締役より優クリエイト社員に対して年頭のあいさつが行われました。
下記のとおり、お知らせいたします。

年頭のあいさつ

平成30年1月5日(金)

株式会社優クリエイト
代表取締役
高橋 茂一

新年、あけましておめでとうございます。
2018年、本日、優クリエイトの仕事はじめとなります。
今年も全従業員が無事に新年のスタートの日に集まれたことに安堵しています。

昨年もまた、社会環境が激動した年でもありました。
なんと言ってもトランプ大統領と北朝鮮に翻弄された1年という印象が強く残っています。今年も昨年以上に、世界環境は変化しそうです。

日本においては衆院選挙が行われました。結果としては自民党の勝利となり、大きな政変は起こりませんでした。
そのことも受け、比較的安定した情勢である日本の景気は、今年も大きな事件が発生しなければなだらかな上昇局面を描くと予想しています。
つまり、人手不足が大きな社会問題として表面化した昨年以上に、さらに企業は人手不足となります。有能な人材の採用が、企業の業績により大きく景況を及ぼす時代になるでしょう。

引き続き、優クリエイトの果たすべき役割は増大します。

これらのことを考慮し来期の事業計画を具体化していきますが、最も大切なことは計画を実行することです。
それには皆さんが実行したくなるような魅力のある予算計画を立てたいと思っています。

さて、今年の4月は5名の新入社員が入社します。
若い人材が増えると、先輩たちの言動は大きな影響力を及ぼします。会社の成長と共に、常に人格の形成を忘れないでください。

会社が成長すれば様々な経験をすることができ、その結果として職場環境も向上するという当たり前のプライオリティを理解し、どんな環境でもどんな職場でも立派に通用するような人材に育ててほしいと思います。

そして、ここにいる皆さんと共に、今以上に優クリらしいクリエイターファーストの世界を構築するため、共にがんばりたいと思います。