デザイナー・クリエイターの求人・転職TOP > グラフィックデザイナーなどの派遣 > 社会保険について

優クリエイト派遣スタッフの皆様の社会保険手続きを担当しております。社会保険に関する疑問や質問などがありましたらお気軽にどうぞ!
※武蔵野労務行政事務所と優クリエイトは業務提携をしております。

  • 社会保険とは?
  • 社会保険Q&A

社会保険とは?

社会保険の種類について

健康保険とは

プライベートで病気・怪我などを負った場合に、医療費の3割の自己負担で診療が受けられる保険です。また、医療費が高額となった時に、自己負担額を軽減してくれたり、病気や怪我などで一時的に働けなくなった場合に、一定期間所得保障をしてくれる給付もあり、自営業者などの個人が加入する国民健康保険より手厚い保険となっています。当社では関東百貨店健康保険組合に加入しており、国が運営する健康保険より加入スタッフの保険料が安いです。

介護保険とは

40歳以上の方が、加齢に伴って発症した病気により、介護指定事業者などからのサービスを受けた場合に、費用のうち1割の自己負担で受けられるようにしてくれる保険です。40歳以上65歳未満の方は、会社を通して加入し、65歳以降はお住まいの市区町村で加入することになります。

厚生年金保険とは

主に老後・障害・死亡に関して給付をしてくれる保険です。厚生年金保険に加入すると、国民年金にも加入していることになり、別途国民年金保険料を納める必要がありません。しかも、保険料の半分は当社が負担をさせていただいております。厚生年金は、国民年金より手厚い給付で、加入者を保護してくれる保険です。

雇用保険とは

主に退職した後、次に就職するまでの間の所得保障をしてくれる保険です。それ以外にも自発的に指定された教育訓練を受けた場合に、費用を補助してくれたり、育児や介護休業をしたときにも所得保障を行ってくれます。保険料は、会社と共同で負担しており、比較的低額な保険料で加入できます。

労災保険とは

仕事中や通勤途中などで怪我をしてしまった場合に、医療費負担や所得補償をしてくれる保険です。怪我が重く障害が残ってしまった場合や、万一亡くなられた場合にも、補償をしてくれます。当社が全額保険料を負担しており、加入スタッフが負担をすることはありません。

PAGE TOP

加入対象者について

健康保険・厚生年金保険の加入対象者は

派遣スタッフの場合、原則2か月を超える雇用期間があり、勤務時間と勤務日数が、派遣元の通常の就労者の概ね4分の3以上あれば、健康保険・厚生年金・厚生年金基金に加入することになります。また2か月以内の契約で雇用される場合は、所定の契約期間を超え、引き続き雇用されるときから加入します。この場合の雇用期間とは、派遣会社への登録期間ではなく、派遣先で働いている期間をいいます。
※この場合の「勤務時間」は所定労働時間をいい、「勤務日数」は所定労働日数をいいます。

介護保険の加入対象者は

健康保険の加入者であり、40歳以上の方が対象となります。65歳以上になると、会社ではなくお住まいの市区町村で加入することになります。

雇用保険のみの加入対象者は

31日以上の雇用の見込みがあり、1週間あたりの所定労働時間が20時間以上の勤務が見込まれる方が対象になります。

労災保険の加入対象者は

全スタッフが加入対象となります。他の保険と違い、保険加入手続きなどはありませんが、例え1日だけの就業であっても加入しています。

PAGE TOP

各保険の保険料について

健康保険料・厚生年金保険料の計算の仕組み

健康保険と厚生年金は、3種類の保険料の等級の決定方法があります。等級は、一度決定されると以下の(2)か(3)の等級見直しの時期が来ない限り、毎月の給与支給額に増減があったとしても、保険料の金額は変わりません。

(1)加入時(資格取得時)
就業契約の内容から、今後支給される給与額(通勤費含む)を算出し、保険料の等級(標準報酬月額)を決定します。
(2)年1回の改定時(算定時)
4月~6月の3ヶ月間に支給された給与を基に、保険料の等級を見直し、決定します。
(3)昇給時(月額変更時)
昇給などによって時給額や月給額が変更となった後の3ヶ月間に支給された給与を基に、保険料の等級を見直し、決定します。

上記によって決定された等級(標準報酬月額)に保険料率を掛けて保険料が算出されます

等級と保険料の一覧表はこちら

保険料率は、以下のとおりです。これとほぼ同率の保険料を当社でも負担しております。

加入時の就業契約によって、給与額(通勤費含み)が255,000円になるという見込になりました。この給与額255,000円は、260,000円の等級になります。260,000円にそれぞれ上記の保険料率を掛けて保険料を算出すると・・・

※介護保険は、40歳以上65歳未満の方が徴収されます。
上記の金額が毎月のお給料から控除されていきます。

平成23年4月1日現在

雇用保険料の計算の仕組み

雇用保険料は、毎月支給された給与額(通勤費含む)に雇用保険料率を掛けて算出されます。
雇用保険料率は、加入スタッフ分は5/1000、当社負担分は8.5/1000です。(平成22年4月1日現在)

支給された給与額(通勤費含む)が、285,000円の場合285,000円×5/1000=1,425円

労災保険料の計算の仕組み(全会社負担)

労災保険料は、1年度に支払った派遣スタッフや社員などの全ての従業員の給与の総額に労災保険料率を掛けて算出されます。
労災保険料は、全額当社が負担をしております。

PAGE TOP

各保険の主な給付について

健康保険の給付について

【療養の給付】
⇒ 病院等での診察・手術・薬剤支給などを3割の自己負担額で診療を受けられます。
【高額療養費】
⇒ 診療費や手術費用などが高額となった場合、一定限度額以上の自己負担額が還付されます。
【傷病手当金】
⇒ 病気や怪我などによって連続4日以上(公休日含む)勤務できなくなった場合、4日目から一定期間(1年6ヶ月限度)の所得の3分の2程度を保障してくれます。
【出産手当金】
⇒ 加入者本人が出産のため産前6週間産後8週間の間にお休みをした場合、所得の3分の2程度を保障してくれます。

上記以外にも給付があります。詳しくは、関東百貨店健康保険組合HPをご覧ください。

関東百貨店健康保険組合

厚生年金の給付について

【老齢厚生年金】
⇒ 一定の加入期間を満たした場合に、65歳以後に年金が支給されます。
【障害厚生年金】
⇒ 厚生年金加入中などに、事故などによって障害が残ってしまった場合、障害等級に応じ一生涯年金が支給されます。
【遺族厚生年金】
⇒ 厚生年金加入者や第1級もしくは第2級の障害年金受給者、老齢厚生年金の受給者などが亡くなられた場合、一定のご家族に年金が支給されます。

厚生年金の給付について

雇用保険の給付について

【基本手当】
⇒ 一般的に失業保険と呼ばれているものです。退職して就職活動する間の所得を一部保障してくれます。
【教育訓練給付】
⇒ 一定期間以上雇用保険に加入していた方が、厚生労働大臣の指定する教育訓練講座を受講した場合に、費用の一部を負担してくれます。
【雇用継続給付】
⇒ 一定期間以上雇用保険に加入していた方が、育児や家族の介護のために仕事を休業することになった場合、所得の一部を保障してくれます。

雇用保険の給付について

労災保険の給付について

【療養(補償)給付】
⇒ 仕事や通勤に関連して負傷や病気を発症し、病院などで診療を受けた場合の費用を基本的に全額負担してくれます。
【休業(補償)給付】
⇒ 仕事や通勤に関連して負傷や病気を発症し、仕事を休業することになった場合、休業4日目からの所得を約8割程度補償してくれます。
【障害(補償)給付】
⇒ 仕事や通勤に関連して負傷や病気を発症し、障害が残った場合、等級に応じて年金や一時金が支給されます。
【遺族(補償)給付】
⇒ 仕事や通勤に関連して負傷や病気を発症し、亡くなられた場合、一定のご家族に年金や一時金が支給されます。

労災保険の給付について

※社会保険についてのご質問は、マイページから、もしくは担当営業宛にご連絡ください。 → マイページログイン


グラフィックデザイナーなどの派遣へ
グラフィックデザイナーなどの正社員求人・転職へ

グラフィックデザイナーなどの派遣/社会保険についてのページです。
グラフィックデザイナーやWebデザイナー、クリエイターの正社員求人紹介・転職支援・人材派遣ならクリエイター専門の優クリエイト!クリエイターと企業を人材紹介・人材派遣でつなぎます。DTPオペレーター・ディレクター・編集などの求人も多数取り扱い中。

MY PAGE
派遣クリエイター用mypageログインページへ
MyPageについて
  • 派遣のお仕事をしたい方へ まずはこちらからオンライン仮登録
フリーと派遣の両立という賢い働き方。
社会保険についてTOP
Copyright © クリエイターの派遣・求人│株式会社優クリエイト All Right Reserved.