グラフィックデザイナーを採用する際の年収目安は?

for_S02rg

転職活動中の方にとって、給与額は重要な判断基準の一つです。
でも、自社の給与が高いのか低いのかは、非常に分かりづらいと言えます。
そこでグラフィックデザイナーの正社員の平均年収を調べてみました。

 

グラフィックデザイナーの平均年収は?

当たり前ですが、調査をした機関・組織によって数字が異なってきます。
ですので、今回は4つの調査結果を発表します。
いずれも「正社員」「契約社員」を対象とした調査です。

・厚生労働省:平成26年賃金構造基本統計調査
厚生労働省が毎年調査を行っており、平成26年(2014年)の結果です。
調査数は非常に多いと思われますが、区分の都合、Webデザイナーやプロダクトデザイナーなどのグラフィック以外のデザイナー職も含まれるため、厳密な意味でのグラフィックデザイナーの平均年収ではありません。

・年収ハッカー
株式会社インディバルが運営しているサイトです。
公的機関から公表されている各種統計データ、企業から発表された決算データなどをもとに算出されているとのことです。
http://nenshuhacker.jp/occupation/detail/710/

・優クリエイト/2015年
優クリエイトに、2015年4月~9月までの間にご登録されたグラフィックデザイナーの直近の年収から算出したデータです。
http://www.y-create.co.jp/client/attribute.html

・DODA/平均年収/生涯賃金データ2014
株式会社インテリジェンスが運営している転職サイト「DODA」にて、2013年10月?2014年9月に登録された方を対象に算出されたデータです。
グラフィックデザイナーのみではなく、グラフィックデザイナー+イラストレーターの金額になっています。
http://doda.jp/guide/heikin/2014/syokusyu/creative/005.html

all

厚生労働省の調査は、全年齢帯対象、企業規模が1000人を越えるような企業も含まれてくるため(逆に10人以下の企業は除外)、若干金額レンジが高くなっているのではと思われます。
また、この厚生労働省発表のデータを使用している年収ハッカーも同様です。

他方、優クリエイト・DODAについては登録制なので、スタッフの登録層による影響が大きいと言えます。
転職を希望しているグラフィックデザイナーが登録するという点から、収入・年齢の高い層からの登録が多いとは思えませんので、厚生労働省・年収ハッカーに比べ、やや低い数値なっているかと思われます。

これを、さらに細かい区分けで見ていきたいと思います。

 

年齢別の平均年収(男性)

グラフィックデザイナーの年齢帯ごとの年収、男性の場合です。

all_m

※「※1」などは、全年齢における平均年収と同じ区分です。
※DUDAは、男女別のデータがなかったため省いています。

調査ごとでやや開きが大きいのですが、平均値を見ると、市場感に近いように思います。
年収ハッカーでは40代で一度年収がダウンする結果になっていますが、基本的には年齢に比例する形で順当に年収も上がっていく傾向にあります。

 

年齢別の平均年収(女性)

女性のグラフィックデザイナーの年齢帯別年収です。

all_w

男性と比較すると、20代時点での年収レンジがやや低く、その後の伸びもやや鈍目に推移する形です。
一般にどの職種においても、管理職の男女比や結婚・出産などによるキャリア形成の難しさといった点で、男女での格差が出てきてしまうのですが、グラフィックデザイナー職においても、この傾向は変わらずに存在するのがわかります。

実は優クリエイト経由で転職されたグラフィックデザイナーの方の初年度年収では、ほとんど男女差がない状況です。
また、表内においても45歳~のベテランクラスにおいては、男女での年収差が縮まっています。
その点からも、やはりこの男女間の差は「継続勤務でのキャリア」といった側面が強いのではと感じます。

 

募集する際の年収目安は?

優クリエイトの独自の調査として、もう1つ数字を追ってみました。
「グラフィックデザイナーの募集求人における平均年収」です。

media

普段から求人を取り扱っている立場として、グラフィックデザイナーはなんとなく300~450万円といったレンジが多く感じていましたが、実際に下限としては300ぐらい、上限は450ぐらいが一番多い層になっています。
(エディトリアル系の上限がやや低めですが、これは調査時の求人傾向に若干の偏りがあったのではと見ています)

グラフィックデザイナーの募集年齢層としては、20代~30代前半がボリュームゾーンです。
25~34歳の平均年収を見れば、317万円(20代後半/女性)~457万円(30代前半/男性)と、まさにここと合致する結果とも言えます。

もちろん、給与金額以外にも業務内容や勤務地、残業時間などの各要素がありますので、年収さえ高ければ良いということはありません。
しっかり給与テーブルが決まっており、中途入社の方について設定できる金額が決まっている企業も多いかと思います。

とは言え、賃金面においての自社の状況や採用難易度を把握しておくことは大事です。
ぜひ参考してみてください。

 

─────お気軽にお問合せください!─────

★クリエイター・デザイナー派遣・正社員の求人の依頼はこちら

★事例集の無料ダウンロードはこちら

★ほぼ毎日更新!コンサルタントブログ

SNSでもご購読できます。