HOME > セミナー/交流会 > ワークショップセミナー『ハッピーをあげよう。』ご報告

優クリ.com vol.9『ハッピーをあげよう。』~優秀作品発表~

★2013年11月30日(土)開催

優クリ.com vol.9
ワークショップセミナー『ハッピーをあげよう。』

課題作品~優秀作品の発表~

******************************************************************************

11月30日に開催された優クリ.com vol.9『ハッピーをあげよう。』にて
日本コカ・コーラのHideさんより出されたお題に対し、
当日参加されたデザイナーの皆さんより、力作をご提出いただきました。

どの作品も非常に素晴らしかったのですが、
講師のHideさん、アドバイザーの下川さん、そして優クリエイトより
これは!という作品を選ばせていただきました。

Hideさん・下川さんの寸評及び、優クリエイトの感想とともに
発表をいたします。ぜひご覧ください。

——-
課題概要

●Background
年間生産量1,500万本という、シャンメリーに代表されるシャンパン風密栓炭酸飲料市場
増加傾向にある、クリスマスや誕生日などのときに飲むノンアルコールドリンク

●Objective
クリスマス誕生日などの時や40歳以上の人も日常的に飲めるシャンパン風密栓炭酸飲料市場を狙える製品の開発
・コカ・コーラのマーケットシェア拡大
・シャンメリーからのブランドスイッチ
・コカ・コーラとしての本格感とシンプルさの保持
・カニバリを避けるための現状コカ・コーラとの差別化

●Target
・ティーン、ヤングアダルトの男女
・子どものいるファミリー
・おしゃれなソフトドリンクを望んでいる40歳+

●Occasion
家庭内、パーティ会場、バー・レストラン、贈答品

●Brand
Coca-Cola 
※中身はコーラとする

●Naming
Coca-Cola 
xxxxxxxxx

※xxx部分のネーミングを考える

●Direction
コカ・コーラらしさ
非日常的オケージョンに合うプレミアム感

——-

※上記概要以外に、オリエンテーション/質疑応答時に開示・発表された事項があります。
※作品に使用されている「Coca-Cola」とリボン状のデザインは、The Coca-Cola Companyの登録商標です。日本コカ・コーラの許諾により使用しています。

Hide賞

Hideさんより

ネーミング及びロゴ/アイコンの作り方がとてもアイコニックになっていて、考えられたとても良いデザインになっている。ネーミングは、とても覚えやすく夢があり、Coca-Colaの理念でもあるHappiness/Optimismをうまく表現できている。また、Stellarというネーミングに合うアイコンもよくデザインされている。そして、アイコンとロゴのデザインのメリハリやバランスもよく計算され、とてもアイコニックに仕上がっている。

カラーリングも絶妙な液色をとてもおいしそうに見せる深い褐色を中心に使用しCoca-Colaの他製品との差別化をしつつも金色と組み合わせることにより課題としていたプレミアム感を作り出すことに成功している。フォイル部分のスパークリング感を感じさせるドット状の型押しや赤いダイナミックリボンの使用もおしゃれに出来ている。
全体にシンプルでありながら、物足りなさもなくちょうど良い塩梅になっている。全体的にこだわりを感じられるデザインです。

ただ、ボトル形状が少々もったりした感じになっているので、少し底に近い部分をスマートな形状にして、部分的に赤の印象が増えるといいと思います。

実際に商品として出せそうな現実味のあるデザインになっています。

下川一哉賞

下川さんより

パッケージ、個包装、タグという構成要素で個別商品から売り場展開までシステムとして提案し切れている。

赤をメーンカラーに、金色と白をアクセントカラーに用い、プレゼント感と祝祭感と同時に、コカ・コーラのブランドイメージを強く押し出している。特に売り場のディスプレイにおいては、パッケージと個包装によって赤色の塊を生み、単に目立つというだけでなく、期待感や高揚感を売り場で生む効果も十分に期待できる。

パッケージにおいては、赤色のフィルムと金色のボトル部によってコカ・コーラの液色を隠している。この商品の場合、コカ・コーラの液色はマイナスに働く可能性があるので、個の工夫も評価できる。
ネーミングも良い。

優クリ.com賞

優クリエイトより

どれを飲んでみたいか。あるいは、もらった時の驚きが大きいか。嬉しいか。
それらの瞬間的なインスピレーションを重視して選びました。

「金」をうまく使った色合いで名前の通りのプレミアム感があり、かつ「黒」によって高級感と重厚感が醸しだされており、「お祝いの席に飲む」のにとても適したデザインだと思います。
このパッケージ(+箱)のコーラをもらったら、「おぉ!」と思うでしょうし、「じゃあお祝いの時に開けてみよう」と考えるでしょう。

パッケージのビジュアルが素晴らしいので、プロモーションの仕掛け方にも説得力があります。
また、これは「製品のイメージは、必ずパッケージから」というコカ・コーラ社の理念にも沿っているかと思います。

受講者の声トップへ

  • 優クリアカデミー最新情報確認&申し込み
コンサルタントブログ
クリエイター派遣、転職・求人相談など、皆様のお世話をしている現場社員の声をお届けしています。グラフィックデザイナーWebデザイナー注目!有益な情報も提供します。
ブログはこちら
皆様の声をお聞かせください
派遣でお仕事しているクリエイター、人材紹介より転職されたクリエイター、クリエイターを募集された企業の皆様、ご意見・ご要望・ご相談をお聞かせください。グラフィックデザイナーWebデザイナー必見!クリエイター採用担当者の声もあります。
ブログはこちら