【社長ブログ】入社式


優クリエイト代表、高橋です。

4月1日、弊社は29期のスタート日を迎えました。
社内では入社式が行われ、新に仲間が1名増えました。
今年は新卒の内定率が過去最低だったためか、本人は安堵とやる気で満ちていました。

震災の影響で大学の行事がすべて中止になり、卒業式も行われなかったとのことです。
入社式も中止する企業がありますが、一生に一度の人生のけじめですので、かわいそうですね。

先週、会社のキックオフパーティーがあり、内定者本人に卒業祝いの花束を送りましたが、卒業式が中止になり、友達と別れの挨拶もできないのは心残りだったかもしれません。

先日、サッカー界では東日本大震災復興支援チャリティーマッチが開催されました。
遠藤選手がゴールを決めた後、右腕の喪章を外し、右手で天に掲げたシーンが印象的でした。

何といっても、カズ選手のゴールは東北の皆さんに気持ちが届いたと思います。
カズ選手は持っていますね。 私も元気をもらいました。

広告やイベントが自粛ムードになっている中、開催されたイベントですが、このイベントは有意義だったと思います。

現在、計画停電により街中も暗く、社内も節電、空調も使用を控えています。
発電所がダメージを受けた影響で節電は仕方が無いことですが、業務を休業しなければならないような計画停電や自粛要請は極力避けて欲しいと思います。

企業が業務を休業することで経済が滞り、結果的に復興が長引いてしまうと思います。

無駄な電気は節電する必要がありますが、復興には、経済の活況が欠かせないことだと思います。

その意味では、国民ひとりひとりが目前の仕事を頑張ることが最大の支援に繋がることだと思います。
これからも苦しい大変な日が続くと思いますが、みんなで危機を乗り越えましょう。