ユウクリ × コニカミノルタ × シナジーマーケティング サービスデザイン・シンジケート

C=ism
Create = image × science × marketing

ヒトは直感的に最適化する

Before

市場の成熟や社会のデジタル化等を背景に、人々の充実感が多様化している時代です。高度化が進む中顧客ニーズに対し、企業と顧客とのあらゆる接点における「顧客体験」の向上が重要となってきています。

After

我々はヒトの価値観・感じ方に寄り添ったサイエンスで体験価値を紐解き、顧客とのコミュニケーションが求められる領域で、心から満足される顧客体験を創造・リフレーミングします。

Back to the TOP

C=ismは各社の特徴を融合させ、ワンストップで?活者の性格毎の?動傾向と感情をサイエンスし体験価値に立脚したイズム(ism)をクリエイトします ※イズム(ism):「主義」や「主張」

Back to the TOP

Concept

Create = image × science × marketing

  • i(image)

    イメージ心象?ビジュアライゼーション?

    制作プロダクションとして創業し、クリエイターの活躍機会を創出するため人材ビジネスへと業務領域を拡大した総合エージェンシーです。近年は顧客の組織戦略に携わる形でBPO・チームビルドのサービスに注力しています。培ったマッチング技術をベースに「価値観」の軸でクリエイターを評価する管理システムを取り入れ、優秀な人材の輩出に取り組んでいます。

  • s(science)

    サイエンス科学?

    コニカミノルタの感性計測(開発中)は、同社が写真事業・印刷機事業を通じて培った画像解析に生体計測、価値観理解の知見を掛け合わせ、ヒトが購買に至る動機と直感を科学的に紐解くことで、デザインの改善提案を実現します。さらに印刷物などのデザインがどのように消費行動に影響するかを明らかにし、購買に繋がる提案をクライアントに提供します。

  • m(marketing)

    マーケティング顧客理解?(価値観)?

    20年以上にわたり、CRM領域のクラウドサービスとCRM戦略支援を行っています。消費者各々の行動を支える「価値観」「ライフスタイル」「感情」を捉える類型化モデル「Societas」を独自開発。それを元に企業のマーケティング戦略および施策を支援しています。顧客に対する深い理解からのコミュニケーション設計・戦術展開に長けています。

Back to the TOP

Protocol

優れたサービス体験を事業として継続的に提供するためには、そのサービス体験を構成する要素である複数の「企業と顧客との接点(タッチポイント)」がすべて望ましく機能する必要がある。

1 Research

リサーチ 仮説を発?または検証することを狙いに、特定のユーザーやそのモチベーション、?動などを調査し、情報収集を?う。その後集めた調査データを様々な観点から分析することによって、インサイトを導く、ユーザーの価値観やニーズなどを理解する。

顧客プロファイリング 感性デザイン評価

2 Co-Creation

コ・クリエーション 問題解決や新たな価値創出のためのアイデアを発想する。どのタイミングにおいても発想の機会はあり得る。発想したアイデアは分類や統合などを通じてブラッシュアップを重ねることで、より優れたアイデアにしていくことが必要。

コ・クリエーション型戦略設計 コミュニケーションシナリオ構築

3 Prototyping

プロトタイピング 成果物やそのコンセプトなどを試作検証し、できるだけ早い段階において低いコストでリスクと不確実性を減らし、最終的な成果物の質を高めていくための活動。サービスの利?シナリオやWebサイトの画?モックアップなど、検証の?的に沿ったものを制作する。

コンテンツデザイン クリエイティブ制作 組織戦略/制作体制構築

4 Introduction

導入 修正を加えたプロトタイプを市場に導入する。顧客とのコミュニケーション体制を整備し通常業務へと移行していく。

Back to the TOP