【プロフィール登録のコツ】 ポートフォリオURLを登録しよう!


美大芸大ナビには、ポートフォリオのURLを登録することができます。
企業がスカウトをする際、特にデザイナー職の採用では「ポートフォリオ登録の有無」が重視される傾向にあります。
 
「ポートフォリオは完成したけど、URLって・・・どうしたらいいんだろう?」
 
こんな方に向けて、ポートフォリオURLの登録について解説します!

その1:既にあるサービスを活用する

Instagram・Twitter・YouTubeなど、既に利用中のサービスを活用し、作品画像をアップ。
そのご自身のアカウントURLを、ポートフォリオURL項目のリンクとして登録する方法です。
 
「今のアカウントだと、作品以外の画像もアップしているし・・・」と言うような場合は、就活用のアカウントを新規で作成、作品画像のみをアップしていく、といった活用方法を考えてもいいかもしれません!
 
※サービスにログインしないとURLが開けない・・・と困ったケースも報告されていますので、張り付ける前にそのURLできちんと開けるか?をご確認ください。

その2:外部のストレージを活用する

・Googleドライブ
・Dropbox
などのクラウドのストレージサービスを活用して、作成済みのポートフォリオデータをアップロード、そのリンク先URLを取得する方法です。
 
無料で使えるストレージサービスも多いので、自分の使いやすいものを探してみましょう!
※共有時のアクセス制限や、期限の設定が出来るものもあるため、設定はしっかりチェックしましょう。
 

 

◆参考◆ Googleドライブで共有用のURLを取得する方法
1.Googleドライブ内の共有したいファイルの上で右クリック、「共有」を選択
2.右上にある「共有可能なリンクを取得」をクリック、「リンクを知っている全員が閲覧可」を選択した上で「リンクをコピー」を選択
3.共有用のURLがクリップボードにコピーされ、後はURLをテキストファイルなどにペーストすれば、URL取得完了!
 
◆参考◆ Dropboxで共有用のURLを取得する方法
1.Dropbox上で、共有したいファイルを選択
2.「共有」を選択
3.別ウインドウが開きますので、「リンクを取得する」を選択
4.URLをコピーした状態になりますので、後はURLをテキストファイルなどにペーストすれば、URL取得完了!

 
美大芸大就活ナビのプロフィールにポートフォリオURLが記載されていると、企業に検索される機会も増えます。
 
また、それだけでなくポートフォリオのURLを作成してあると、企業への応募時などに作品提出が楽になるというメリットも!
是非、お試しください!
 
 
<合わせて読みたい!記事はコチラ>
【ポートフォリオの仕上げ】illustratorでPDFを軽くする方法