【ポートフォリオ】制作ソフトおすすめBest3!


美術系学生の皆さんは、そろそろ本格的にポートフォリオを作り始めるにあたり、準備を着々と進め始めている頃だと多います。ですが、この時期意外と多く学生から聞くコメントが「実はまだ、どのソフトで作るか決まっていない」だったりします。なるほど、これは意外。。。というか今後の動きが気になりますよね!そこで、今回は美大芸大就活ナビ的「ポートフォリオはこれを使って作成すると良い!おすすめBest3!」をお伝えしていこうと思います。ぜひ参考にしてみてください。
 
 

No.1 Adobe Illustrator

 


クリエイティブの王道!「Adobeイラストレーター」。やはりクリエイティブの企業を狙っていきたい学生であれば、このソフトでポートフォリオを作成することをオススメします。ある程度ポイントさえおさえてしまえば、レイアウトを必須とするポートフォリオ作りでは無敵のソフトと言えるでしょう。自分の作品をより良く見せる表現に幅の持てるツールとして実際のプロのクリエイターを含め、非常に多くのユーザーが使用しています。実際に就活をしている美術系学生の大半は最終的にはこのソフトで作っていることが多いですね。画像編集ソフトのPhotoshopと組み合わせれば鬼に金棒!

【レイアウト自由度】★★★★★
【レイアウトアピール度】★★★★★
【ソフト難易度】★★★

レイアウト・文字組み・フォントの自由度、オールマイティに使える万能ソフト。クリエイティブ系の企業(特に広告・デザインなど)では企業に就職した時にも実際に使うことの多いソフトなので、ポートフォリオで使用しておくと多少は「このソフトを使い慣れてる」アピールにも!
 
 

No.2 Microsoft PowerPoint

 


実際の企業でも企画書など幅広い使い方をしているパワーポイント!「Adobeのソフトを持っていない…。やっぱりソフトはイラレじゃないとダメなの?」と思っているあなた。安心してください!パワーポイントの強みもたくさんあります!レウアウトはもちろん、先に伝えたようにパワーポイントは実際の企業でもプレゼン資料や企画書などに実際に使うソフトです。企画職やプランナー・ディレクターなどを目指している「コトをデザインしたい」就活生の方は、ぜひこのソフトも使ってみると良いでしょう。

【レイアウト自由度】★★★★
【レイアウトアピール度】★★★
(※但し【企画力アピール度】は内容次第で★★★★★)
【ソフト難易度】★★

デザイン力より企画力をアピールするようなクリエイティブ系を目指している学生ならパワーポイントでも十分表現可能です。「問題提起・テーマ・プロジェクト・フロー・効果」など盛り込み、企業に自分の作品をプレゼンするようにポートフォリオを組み立てみると良いでしょう。
 
 

No.3 Microsoft Word/Excel

 


Adobeのソフトがなければ、できればパワーポイントで作成するコトをおすすめしますが、どうしても難しい!という場合はこのWordもしくはExcelでも表現は可能です。この場合も、まずは伝えたい構成をしっかり盛り込む事が重要です。また、このソフトの場合相手企業のPCやバージョンによってレイアウト崩れを起こす可能性を考えて、制作後に必ずPDFにデータを変換しておくと良いでしょう。提出の際もできれば書き出したPDFを使用するようにしましょう。

【レイアウト自由度】★★
【レイアウトアピール度】★★
(※但し【企画力アピール度】は内容次第で★★★★★)
【ソフト難易度】★

 
 
その他アナログで全て作成したい!という学生の方や、他にソフトを使用する方など作成は十人十色ありますが、美大芸大就活ナビ的「おすすめソフトBest3!」はいかがでしたでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【ポートフォリオ】モックアップおすすめ素材