【ポートフォリオ作りのコツ】第6回:作品のキャプションが必要な訳!


【ポートフォリオ作りのコツ】シリーズも第6回になりました。今回は作品を説明するために必要な「キャプション」についてです。どうしてキャプションが必要なのか?について、説明してきます!

作品は作った時にメモを残しておこう!


 
作品にはそれぞれキャプションをつけておく方が「親切」であるということはわかると思います。ただ、意外とこの説明に必要なテキスト(メモ)をきちんと残していなくて、PFを作り始めてから急いで「加える」ということはありませんか?
よくよく見ると、立て続けに
 
・ポスター
・ポスター
・リーフレット
・ポスター
 
みたいな単調なことになっていたりしませんか?
これ、ちょっとかっこ悪いですよね。
これを例えば
 
・キービジュアルB1ポスター/H728mm×W1030mm
・店頭用ポスター/B2/H1030mm×W728mm
・リーフレット/B5変形/P8/蛇腹折り/活版印刷/H182mm×W182mm
・ポスター/B1/H728mm×W1030mm

 
こうして、詳細をきちんとつけてあげるだけでも、どんな作品か想像が膨らみますね。相手にも丁寧に伝えることができ、作品の詳細もしっかり抑えられてわかりやすくなりますね。
そうなんです。
キャプションってここに意味があるんです!
 

ファイン系のキャプションはどうしたらいいの?

ファイン系の作品も同じイメージでキャプションを作って見てください。
 
サイズ/素材/画材/製作時間/テーマ など
 
実際の現物に対しスケール感やこだわりの素材などはどうしてもPF上の画像で見せることにより、伝わりにくいことがあると思います。一つ一つ丁寧に言葉で説明する時間もないでしょう。そんな時、キャプションとして最低限伝えたいことが記載してあれば「もっと伝えたい部分を言葉でアピール」する時間を面接に使えますよね。

どうして「キャプション」が必要なのか?

先ほどの話で作品を掲載するのだから「キャプションにそこまで必要?」と思う方もいると思います。それでも「丁寧なキャプションはあった方が良い」という理由はこれにつきます!
 

 
就活においてPFを見せるタイミングは色々なシチュエーションがあると思います。「キャプションにそこまで必要?」と思った方は、多分相手が「クリエイター」または「クリエイティブに明るい人」という認識ではないでしょうか?
確かに最初の面接などは、現場のクリエイティブの担当者などが面接官として席にいるケースが多いと思いますので、作品を見ただけで大体の内容はわかってくれるかもしれません。
 
では、その先は?
 
企業では、クリエイティブ以外に「人事」「採用」の担当者もしますし、もちろん最終的には企業のトップとも話をすることになります。クリエティブの企業だからといって、全ての人がクリエイティブに明るい訳ではありません。企業の規模によっては非クリエイティブの人事担当もいます。企業の採用担当者は多くの学生を選考します。PFの数も膨大です。もし、わかりやすい説明のない作品を見たらどう思うでしょうか?判断のしようがない時もありますよね。全ての人に「伝える」「伝わる」を意識してPFを作ることが大事です。
 
まだ、PF作りのブラッシュアップは間に合います!もし、キャプションが単調な学生の方はこのタイミングでぜひ作品の詳細を思い出して付け足してみてはいかがでしょうか?
 

合わせて読みたい

【就活準備】ポーオフォリオ作りに関する素材・ソフトのことなど
【ポートフォリオ】モックアップおすすめ素材
【ポートフォリオ】モックアップの使い方
【ポートフォリオ】文字組み教室
 

ポートフォリオアドバイス

美大芸大就活ナビ2020に登録し、個別サポートを希望するにチェックのある方は、別途ポートフォリオのセミナーやワークショップに参加が可能です。また、実際に直接ポートフォリオ作りで困った時にデザイナーからのアドバイスなどを聞くこともできます!ご登録は<コチラ>から!