オンライン面接のマナーって知ってる?事前に押さえておきたい注意ポイント


オンライン面接について、メリットは下記の2つあります。
 
・交通費などのコスト削減
・移動時間や面接待ち時間削減
 
空いた時間や、浮いた交通費は、ぜひ就活に有効活用してくださいね。特に、浮いた交通費分はオンライン面接に対応できるような設備に充てると良いのではないかと思います。それでは早速、オンライン面接での注意ポイントを確認していきましょう!

面接前の準備

家の中で面接に適した場所を探す
オンライン面接では、見え方等がとても大切になってきます。
 
・背景をきれいにする(シンプルに壁のみがベスト)
・部屋は明るくする(カーテンを開けたり、照明で工夫)
・雑音が入らないように注意(家族などにも面接時間の共有を)

 
最低でもこの3点に注意して、面接場所を決めましょう。


設備や環境を整える
可能な限り下記の設備や環境を整え、映像の質や音にも気を配ってみてください。
 
・Wi-fi環境
・スマホではなくPC

 
また、有線でのネット接続が可能であれば、無線接続よりも回線が安定するのでおすすめです。


事前準備も忘れずに
面接がスタートする前の事前準備も必要です。
 
・服装は対面の面接と同様に
・事前に環境やカメラ位置の確認
・面接時の持ち物は手の届く位置に準備する

 
事前にダウンロードが必要なオンラインツールもあるため、注意が必要です。オンラインツールでアプリ版がリリースされているのであれば、安定度があるアプリ版を使用しましょう。
また、上手く繋がらなかった際にに焦らないよう、企業担当者の緊急連絡先を把握しておくこともオススメします。
 
「頭から胸元まで画面に収まっているか確認」もしておきましょう。カメラ位置によっては上目遣いや伏し目がちになる可能性もあります。カメラ位置を目線の高さに合わせてセッティングしましょう。


★☆ポートフォリオデータが必要な場合の注意点☆★
ポートフォリオはデータ容量の大きい状態で共有しようとするとネットワーク回線に負担がかかります。
フリーズ等のトラブルに繋がりますので、準備段階でデータサイズにもご注意ください!
【ポートフォリオの仕上げ】illustratorでPDFを軽くする方法

面接中に注意したいポイント

オンラインでは、対面の面接に比べて熱意が伝わりにくくなります。以下の3つのポイントには、特に注意しましょう。
 
基本はカメラ目線と笑顔を意識
面接で相手の目を見て答えるのと同じように、カメラを見て話すことを意識しましょう。また、話していないときも無表情ではなく、基本は笑顔で表情を明るく見せるようにすると、相手の印象もよくなります
 
対面の面接よりも表情が分かりにくくなるため、表情には注意が必要です。
 


普段よりも表情豊かに、リアクションは大きく
うなずいたり、声を出して反応するなど、きちんと相手の話を聞いていることをアピールするようなリアクションも大切です。
回答の最後に「以上です」を付けるなど、自分の話す内容が終わったことが分かり、相手が話し出すタイミングが把握しやすくなるような配慮もあると尚良いでしょう。
 


より分かりやすく、ポイントを絞って話す
話すスピードが速くなり過ぎないように注意しましょう。面接官と同じくらいのスピードで話せるように意識すると、面接がテンポよく進みます
 
相手が聞き取りやすいように声の大きさや、はっきりと話すことを意識し、話し始めは相手がきちんと聞き取れているか確認すると丁寧です。
 
話す内容も「結論ファースト」で話すことを意識し、伝えたいことを絞って簡潔に話ていくことが大切です。
 


以上のポイントを活かして、オンライン面接を乗り切りましょう!
オンライン面接には慣れも大切です。日頃から友達とオンラインツールを使って慣れておく、模擬面接をしてみるなど、回数を重ねていくことでオンライン上でのコミュニケーションも上達していきます。
 
不安などがある場合は、お気軽にご相談ください!