【求職者向け情報】面接へのぞむ際のポイント~事前準備~


こんにちは。
「GWはゆっくり休んで、明けから就職活動に取り組もう!」
…と考えている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今年のGWも、もう前半を終えました。
明けからスムーズに活動に取り組めるよう、少しずつでも、
今のうちからの準備をお勧めします。「先手必勝」です。

さて、その準備の一つとして、
今回は 面接へのぞむ際のポイント~事前準備①~ に触れたいと思います。

 

1.企業のHPや関連サイトを見る  

志望企業について知らない…というのは、つまり「知らないのに、志望している」ということ。
企業側からすれば支離滅裂、かつ失礼な話です。

・事業内容
・企業理念
・歴史(創立してどのくらいか、どんな業績を上げてきたが、現在どんな状況か)

少なくとも、この3つについては調べ、しっかりと話せるようにしてください。

 

2.服装について  

スーツ、もしくはジャケットスタイルなどのオフィスカジュアルで、
清潔感のある服装で面接を受けるよう心掛けてください。

ただし、規定の服装は企業によって異なります。
※例えば、制作会社ではスーツNG、私服で来て下さいと言われる場合もあります。
事前にしっかりと確認して、当日は不備のないようにしましょう。

 

3.面接会場の確認

当日、どんなに早く出発していても、
場所がわかりづらかったり、それで道に迷ったりしていては
面接試験に遅刻してしまいます。

そんな事態を避けるためにも、前日までに、
実際に会場へ足を運んでみましょう。時間帯も当日に合わせて移動すれば、
電車のラッシュ等をある程度予測できますよ。

 

上記の3つは、転職活動における基本中の基本です。

今更だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
まずは、そうした「当たりまえ」にきちんと意識を持って取り組むことが、
目的を達成するコツに違いないでしょう。

備えあれば憂いなし。
念入りに準備をして、万全の態勢で面接日を迎えましょうね。