転職に向いている時期・いない時期があるって本当??


PC
転職に向いている時期、向いていない時期があるってご存知ですか?
実は、自分が転職したいと思ったときが、転職に向いていない時期だということも少なくありません。

向いていない時期はいくら頑張ってもなかなか転職先が決まらず、転職活動も長期化してしまう傾向にあります。
また、なんとか内定が出て転職できたしても、結局すぐに転職活動を再開することになる・・・なんてことも起こりかねません。
転職に向いている時期、向いていない時期を見極めて、最適な時期に転職活動をスタートさせましょう!


まず、転職を考えた際に考えて欲しいのは、
「現職で上手く行っておらず、その状況から逃げたいという理由からの転職ではないか?」
という点です。

現状から逃げたい、という理由から転職を考える人は少なくありません。

弊社に関しても、過度な業務や残業により、疲れ切って登録に来られる方は多くいらっしゃいます。
ただ、やはりそういった方はどうしても面談していてもネガティブな雰囲気が前面に出てしまっていたりするものです。
態度や表情から、自信や活気が感じられなくなっている状況の方も見受けられます。

そのような雰囲気は、当然転職活動の面接でも知らず知らずのうちに出てしまいます。
そうなれば、やはりなかなか面接を突破して内定を獲得することは難しくなりますよね。

そんなときは、「やりきった!」と胸を張れるまでもう少し現職で頑張ってから転職をされた方がよいかもしれません。


そして、もうひとつ転職前に振り返って欲しいポイントは、
「現職での不満に対して、本当に全てやりきった状態かどうか」
です。

例えば、「上層部と社員の間に考え方の溝があって」「職場での人間関係の折あり合いが悪い」といった点を転職を考えた理由として話される方がいます。

そういったときは、
誤解がないようにきちんと上層部の方と話す機会を持ったか?
人間関係が改善されるように自分から努力をしたか?
というように、まずは問題解決に向けて何か実際にアクションをしてみたかどうかが大切です。

会社に対して不満を感じて転職を考えられる方は、嫌なことがあった時点でその問題を解決する努力をしないまま転職活動をはじめようとする方が少なくありません。
客観的にお話をお聞きしていると、少し努力をするだけで問題を解決できる可能性がある場合も見受けられます。
そのまま転職をしてしまうと、同じように次の会社でも嫌なことがあるとすぐに転職を考えるクセがついてしまい、結果的に転職活動を繰り返すことになりかねません。

転職したくなるほどの問題に直面した際に、まずはその問題を解決するように動いてみることをオススメします。
自分で出来ることを一通り頑張ってみた上で、それでも問題が解決できないときに初めて転職を考える。

まだ問題に対して何も動いていない方は、まだ転職活動をスタートされる時期ではないのかもしれません。


前向きに、自分に自信を持って活動できるときが転職活動に適している時期と言えるのかもしれません。
そういった時期の方が本来のご自身の実力を発揮できると思いますし、よりよい会社と巡り合える時期でもあるのだと思います。

現在転職を考えられている方は、現在のご自身の状況が転職に適した時期なのかどうかを是非一度、客観的にチェックしてみてくださいね!

———お気軽にお問合せください!———-

★ご登録を希望される方はこちら:オンライン仮登録
 
★正社員・紹介予定派遣の情報はこちら:グラフィックデザイナーなどの正社員求人・転職

★スポット・週4日以下・時短の情報はこちら:スポット派遣で働く 週4日以下・時短で働く

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》 http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》 https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》 https://twitter.com/ycreate

★《Line@:お得情報を配信します!》友だち追加数