【企業・クリエイターへアンケート】コロナウイルスによってどんな影響を受けましたか?

クリエイター及びクリエイターを活用している企業についての調査研究を行っているクリエイターワークス研究所が、4月中旬から下旬にかけ、コロナウイルス拡大における影響を企業・クリエイター双方に対しアンケート調査を実施しました。
コロナウイルスの影響は日々変化しており、5月に入り多くの地域で緊急事態宣言解除が行われるなど、徐々に経済活動が再開が始まっています。ただ、第二・第三の流行に備えた対応、それと並行しての落ち込んだ売上の回復に向けた活動など、どのような舵取りをするか難しい状況が続いています。今回は「今後の売上予測」「緊急事態宣言中の対応」「今後の経営対策」の3点に絞り、調査の結果をご紹介いたします。

 

今後の売り上げ予測

企業の回答

4~6月は半数以上の企業が減収する予測、7~9月については68%の企業が、売上がどのように推移するか分からないと回答しました。コロナウイルス終息後もイベント関連は当面見送りが続く状況から、減収を予測する企業の割合も少なくありません。

クリエイターの回答

【正社員】
企業回答と連動するように、半数以上が業務量の減少を実感していますが、コロナ禍の現在でも40.5%は「変化なし」と回答しています。
業種柄、営業であれば訪問やアポイントがしにくい、といったことがありますが、クリエイティブ業務では影響を受けずに業務が動いている層も一定数いるようです。

【フリーランス】
業務量が「減少した」と回答した割合は71.4%と非常に高い数字になりました。やはりイベントや販促物の受注が激減し、影響をうけるクリエイターが多いようです。
フリーコメント回答には企業同様、コロナウイルスの終息と経済の復活、両方の先行きが見えないことに対して不安が大きくあるといった声が多く上がりました。

緊急事態宣言中の対応について

企業の回答

クリエイティブ業務は、他業務・業種と比べPC環境の問題をクリアできれば在宅ワーク化しやすいこともあり、非常事態宣言前、宣言後、ともに在宅勤務の割合比較的高い回答数となりました。ただ、やはり非常事態宣言の影響は大きく、宣言前と後では、自社出勤などでの出勤の割合が減少、「全社在宅勤務」「一部在宅管理勤務」合計がさらに増加となっています。

また、その他の対応としては「社員に対し外食などの自粛要請」「出社継続のため、昼食時に外出しなくていいような補助・サポート」など、不特定多数との接触を抑えるための対策が多く回答されました。

クリエイターの回答

【正社員】
企業アンケート同様、かなりの割合で在宅勤務が導入されていることがわかります。
その他の回答が一定数ありますが、その中では「休業となった」との声が多くを占めました。

【派遣社員】
正社員では84.1%となった在宅勤務率も、派遣社員は45.9%にとどまりました。正社員はリモート勤務とし、派遣社員は出社を必要とするところがあるようです。これは、派遣勤務を行う上での「指揮命令が必要」という特性上が影響しているかもしれません。
ただ、厚生労働省の在宅派遣に関する見解も、いままでと変わって明確に在宅派遣を認める、派遣会社各社も派遣社員の在宅ワーク化の支援を行うなど、派遣社員が在宅で働く環境が整いつつあります。実際、クリエイター専門の人材派遣を行っている株式会社ユウクリにおいても、5月以降になってから派遣社員を在宅ワーク化する企業の動きが確認できており、4月時点から5月にかけて、より在宅ワーク化が進んでいると予想されます。

なお、クリエイターの声としては「通勤時や勤務中の感染リスクが恐い」という意見や、「在宅はそれなりに光熱費が必要になったり、生産性の低下に繋がる」など様々な声が聞かれました。

今後の経営対策について

企業の回答

アンケート実施時は、企業共通の悩みとして「コロナウイルスの拡大、活動自粛がいつまで続くかわからない」でした。そのため、まずは支出を抑えて助成金活用を検討するといった回答が多くありました。

また、リモートワーク下における「社員管理」「生産性の確保」「コミュニケーション」「労務管理部門などの業務過多」などの課題を挙げる意見も少なくありません。これもまた、コロナウイルスの終息時期や終息後にどのような変化が起こっているかが予見しづらく、どこまでの投資や対策の追加をするか判断が難しい状況となっています。

クリエイターの回答

【フリーランス】
業務量減少に伴い、フリーランスの収入源は避けきれません。その対策として、派遣やアルバイトを視野に入れた回答が多くありました。

現状では厳しい状況に置かれるフリーランスクリエイターですが、今後もフリーランスで働きたいとの回答は約75%です。これらの点から、優秀なフリーランス人材が派遣社員として活躍する可能性は高いものとみています。

データ概要
【企業】
調査期間:2020年4月10日(金)~4月19日(日)
調査対象:デザイナーなどのクリエイターを活用する企業54社

【クリエイター】
調査期間:2020年4月10日(金)~4月19日(日)
調査対象:株式会社ユウクリに登録するクリエイター815名

クリエイター専門の人材派遣・人材紹介の資料DL(無料・PDF)

クリエイター専門の人材エージェンシーであるユウクリが行っている、人材派遣・人材紹介サービス・制作アウトソーシングの資料ダウンロードです。
ユウクリの概要、各サービスの活用例・料金イメージを記載している資料になります。

資料ダウンロードはこちら(ユウクリ資料DLページへ)

SNSでもご購読できます。