【面接のコツ】「学生時代に力を入れたこと」のエピソードって?


前回の志望動機についての記事でお伝えした、面接の際に重視されるポイントの一つが「入社後に活躍できる人材かどうか(自社とのマッチ度)」でした。
 
これは、面接の中で聞かれる「学生時代に力を入れたこと」や「入社後にどのように活躍したいか」といった質問で確認されています。履歴書やエントリーシートで既に記入済みの場合もありますが、面接対策としては、どのように準備しておけばいいのでしょうか?
 
この記事で確認していきましょう。

どんなエピソードを選べばいい?

「学生時代に力を入れたこと、頑張ったことを教えてください」
 
これはエントリーシートや面接でもよく聞かれる質問項目です。どんな経験やエピソードを選べばいいのか、就活生としては悩めるポイントですよね。
 
企業はこの質問から、下記の3点を確認しようとしている可能性があるので準備しておきましょう。
 

・人物像の把握
・入社後に活躍できそうか
・分かりやすく伝える力があるか

 
エピソードとしては「自分で考えて行動して、なにかしらの結果が出た」という問題解決を意識した内容を選択すると良いです。「心掛けたり、気を付けた」ではなく、「考えた上で、具体的に行動した」という点がポイントです。
 
部活やバイトなどでそういったエピソードがない・・・とお困りの方は、計画的に学校の課題に取り組んだ経験や試験勉強、筋トレなどでも「具体的に行動した」エピソードとして自分らしさを伝えることは可能です。
 

エピソードに自分らしさを取り入れる

エピソードが決まったら、下記のポイントを押さえて企業に伝えたい「自分らしさ」をアピールできるようまとめていきましょう。
 
≪POINT≫
1.なぜそのような行動を起こそうと思ったのか?(主体的な理由)
2.行動に移す際の目標や、ゴールの設定について
3.大変だったところや、上手くいかなかった際にどのように乗り越えたか
4.実際に行動してみて得られたことや感じたこと

 

アピールしたい「自分らしさ」が企業の求めている人物像とズレていないか、の確認も大切です。企業の求める人物像とこまめに比較を行いながらエピソードを具体化して、自分の言葉で伝えることが出来るようにしましょう。

 
次回もう一つ、面接の際にはよく聞かれる「入社後にやりたいことはなんですか?」といった質問に対する考え方です。ここも就活生の皆さんなら悩んでしまうところですよね。
記事でしっかりとポイントを押さえていきましょう。

あわせて読みたい面接関連記事

【面接のコツ】シリーズ
面接のキホンを確認しよう!
面接でよく聞かれる質問と対策を考えよう!
志望動機を「強化」しよう!
「学生時代に力を入れたこと」のエピソードって?
「入社後どのように活躍したいか?」の考え方
 
学生時代に力を入れたことについては、こちらの動画もオススメです!
>エントリーシートを書くときに外せないコツとは!?学生時代力を入れたこと編<ユウクリ就活TV>