【面接のコツ】「入社後どのように活躍したいですか?」の考え方


前回の志望動機についての記事でお伝えした、面接の際に重視されるポイントの一つが「入社後に活躍できる人材かどうか(自社とのマッチ度)」でした。
 
これは、面接の中で聞かれる「学生時代に力を入れたこと」や「入社後にどのように活躍したいか」といった質問で確認されています。履歴書やエントリーシートで既に記入済みの場合もありますが、面接対策としては、どのように準備しておけばいいのでしょうか?この記事で確認していきましょう。

入社後にどのように活躍したいか

「入社後にやりたいことはなんですか?」
 
こちらも、エントリーシートや面接でよく問われる質問です。実際に入社できたときに「どんな仕事でどのように活躍したいと考えているか」をしっかりと考えて具体的に回答する必要があります。
 
この質問で、企業はどのような点を見ているのでしょうか。面接官は、下記3点を見ようとしている可能性があります。
 

・自身の成長スピードに対する考え方
・目標から逆算して考える思考力
・企業理解と志望度の高さの把握

 
その点を踏まえて自分なりの答えを考えておくとよいでしょう。そのためには事前の情報収集が必要不可欠です。
 
≪あらかじめ準備しておきたい情報≫
・自分が目指す職種について(標準的な成長スピードなど)
・その企業が求める成長スピード
・実際の先輩の1年後、3年後、5年後の活躍
 
必要な情報はHPや求人ページの確認はもちろんですが、説明会の段階で質問したり一次面接の逆質問で確認、面接の前に人事の方に個別に聞いてみるなどで把握するようにしておくと安心です。

まとめ

「入社後の活躍を期待してもらえるアピール」はこの記事と、前回の【面接のコツ】「学生時代に力を入れたこと」のエピソードって?で対策してみてくださいね。
 
面接には慣れも大切です。模擬面接をしてみるなど、回数を重ねていくことで面接でのコミュニケーションも上達していきます。
 
また、最終面接のみ対面の面接で「オンライン面接に慣れてしまい、かなり緊張してしまった・・・」という体験談も耳にするようになりました。可能であれば、オンラインと対面の面接の両方を対策をしておくと安心です。
 
次回の【面接のコツ】ではポートフォリオプレゼンについてお伝えしていきます。こちらも是非ご覧ください!

あわせて読みたい面接関連記事

【面接のコツ】シリーズ
面接のキホンを確認しよう!
面接でよく聞かれる質問と対策を考えよう!
志望動機を「強化」しよう!
「学生時代に力を入れたこと」のエピソードって?
「入社後どのように活躍したいか?」の考え方
 
入社後どのように活躍したいか、キャリアプランを考えるポイントはこちらの動画もオススメです!
>入社後の自分、想像できてる?将来のキャリアプランについて<ユウクリ就活TV>