【2020年4月施行】同一労働同一賃金/派遣社員を受け入れされる企業の方へ

【2020年4月施行】同一労働同一賃金/派遣社員を受け入れされる企業の方へ

2019年4月より「働き方改革関連法」が本格的に施行され、正規と非正規雇用者の不合理な待遇差をなくす「同一労働同一賃金」が大企業は2020年4月、中小企業では2021年4月から適用されます。改正後は、不合理に当たる待遇差の明確化、待遇への説明義務強化などが徹底されるようになります。

厚生労働省「同一労働同一賃金特集ページ」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

これに伴い、派遣社員の受け入れにあたっては、2020年4月より法律の運用が求められます

当ブログでは、「そもそも同一労働同一賃金とは何か」から、「派遣社員の受け入れにあたってどう変わるのか」などを解説するとともに、ユウクリの考え方や導入する施策についてなどをご説明いたします。

「同一労働同一賃金」とは?

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体でのいわゆる無期雇用フルタイム労働者(以下、正規雇用者)と、有期雇用者であるパートタイム・派遣(以下、非正規雇用者)間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

これは正規雇用者と非正規雇用者間の待遇差解消の取り組みを通じ、どのような雇用形態であっても「納得が得られる処遇の確保」「多様な働き方を自由選択できるようにする」ことが目的です。

その際に、その中心となる考え方が「均等待遇」と「均衡待遇」になります。
この2つを実現することが、不合理な待遇差解消の具体的な内容となります。

詳細は下記で解説しています。
【2020年4月施行の「同一労働同一賃金」とはいったいどんな制度?】
https://www.y-create.co.jp/forbusiness/douituchingin/

不合理な待遇差をなくすための方法

不合理な待遇差を解消するため、派遣元事業主には「派遣先均等・均衡方式」「労使協定方式」のいずれかの待遇決定方式により、派遣労働者の待遇を確保することが義務化されます。

また、派遣先企業には、労働者派遣契約にあたり、あらかじめ派遣元に対して待遇に関する情報を提供することが求められます。

参考:
【「派遣先均等・均衡方式」と「労使協定方式」って何?】
https://www.y-create.co.jp/forbusiness/douituchingin02/

ユウクリの方針

ユウクリは「労使協定方式」を採用予定です。
また、実際に派遣費用に影響していくる賃金規定、評価方式等については現在検討を進めており、骨格が固まり次第、随時ご案内をさせていただく予定です。

今後の更新予定

前述の通り、各規程などについて骨格が固まりましたら、当ブログでの進捗のご報告や担当営業からの概要の説明などをさせていただく予定です。

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

株式会社ユウクリ
派遣サービス・マネジャー:斎藤
お電話:03-6712-7970
メール:kyujin@y-create.co.jp