実態調査

【2022年版】美術系学生の就職活動実態調査のご報告

22年版美術系学生就活実態調査

これを見ればコロナ禍の美術系学生の就職活動の実態が丸わかり!

こんにちは。クリエイターワークス研究所の宮本(まるこ)です。
毎年恒例の美術系学生の就職活動実態調査、今年で6年目となりました。

2022年も以下のように様々な角度からアンケート調査を行い、分析してまいりました。

22年版美術系学生就活実態調査報告書の目次ページ

今年はコロナ禍2年ということもあり例年とは違った傾向も見えてきました。

ここでは、特徴的だった箇所を抜粋してご紹介していきます。

男女比

美術系学生は1990年代を境に女性比率が高くなっていましたが、2019年から徐々に男性の割合が回復傾向にあります。

内定取得数

2021年12月~2022年1月時点の内定取得数は1社のみの割合が減少し、3~4社内定の増加傾向に。

インターンシップの実態

今年度の調査では、特にインターンシップの実態に課題が浮き彫りとなったため、詳しく紹介していきたいと思います。

▼参加割合
インターンシップの参加割合・社数共に昨年を下回る結果となりました。

▼インターンシップに参加しなかった理由

インターンシップ未参加理由にコロナの影響とする回答が26.5%と昨年を上回り、「学業など、他の活動で忙しかった」「応募することを面倒に感じた」という声が増えた一方で、「インターンシップの内容に魅力を感じなかった」「志望企業がインターンシップを実施していなかった」と、内容を吟味して応募しようとする姿勢も伺えます。


また、「参加したかったがインターンシップの申し込みが間に合わなかった」という回答が増えており、インターンシップの早期化により、「応募準備が整う前に参加申し込みが締め切られてしまったため、参加できなかった」という一面も見えてくる結果となりました。

*  *  *  *  *
その他、今回の実態調査では、以下のような内容を調査・分析を行い、まとめました。

・内定取得を目的に行った勉強や取り組み
・ポートフォリオ準備開始時期
・個別企業説明会(対面)に行きはじめた時期
・プレエントリー社数
・個別説明会参加回数
・エントリーシート(書類)提出社数
・面接(対面による選考)を受けた社数
・入社予定企業の就活開始当初の志望状況
・入社予定企業の満足度
・入社を決めた理由
・内定後、入社意識が高まったもの
・就活中の相談相手
・就職活動で利用した企業サービス
・オンライン選考

22年版美術系学生就活実態調査をより詳しくご覧になりたい方はこちら!

22年卒美術系学生就活実態調査の報告資料をすべてご覧になれます!
https://form.k3r.jp/ycreate_b/CWLbigeidl22

コロナ禍で明らかに例年よりも他の学生たちの就活実態が見えにくい現在。

だからこそ、情報収集を先手で行うことでチャンスも広がってくるはず。
いよいよこれから本格化する就職活動。
先輩たちの実態を参考に、ぜひ早めの情報収集・ポートフォリオ作成など、できるところから行動を起こしていってもらいたい。

▼美大芸大就活ナビHP
https://bidai-geidai.jp/


▼ご登録はこちらから!

https://bidai-geidai.jp/regist.php?type=users

・ポートフォリオ制作や面接対策など、登録者は無料で参加できるセミナーが充実!
・YouTube動画や記事形式で、就活に関するお役立ち情報をお届けします!
・先輩のイチ押しポートフォリオをご紹介しています。
 アイデアやクオリティなど完成度の高い作品をピックアップ!

▼美大芸大就活ナビのアプリ版はこちら!

調査概要

2021年卒美術系学生の就職活動振り返り調査
▼調査目的
美術系学生・芸術系学生の就職に関する活動実態を一般学生の活動結果と比較し把握する。その上で、これから就職活動を控える全国の美術系学生・芸術系学生一人一人の就職活動の質の向上を図る。また、就職活動をサポートする各大学就職指導課の皆さまに、より効果的な就職サポートに活かしていただくように情報提供を行う。

▼調査方法
郵送調査及びインターネット調査
調査協力
各美術系・芸術系大学及び学部の就職課

▼調査対象
美術系・芸術系⼤学 ⼀般⼤学美術系・芸術系学部/学科、⼤学院 : 42校
2022年4⽉⼊社を⽬指し就職活動を⾏った 全国の美術系・芸術系⼤学⽣の男⼥311名 ※1

▼調査期間
大学:2022年1月
学生:2021年12月~2022年1月

※参考データについての補足
調査対象は21年卒業となる大学4年生・大学院2年生。

※1
2022年卒調査、専攻傾向の割合は以下の通り。
ファイン系専攻(日本画・油絵などの絵画、彫刻、版画、工芸など) : 46名
デザイン系専攻(グラフィック、Web、プロダクト、工業、建築、情報など) : 207名
その他専攻(史学、論学、教育、その他の芸術など) : 58名

【2022年版】美術系学生就職活動の実態調査をダウンロードする

コロナ禍2年。
美術系学生の就職活動の実態はどのように変化してきているでしょうか?

・学生はいつから情報収集をスタートさせている?
・内定を得ている学生と得ていない学生、どう違う?
・インターンシップ、昨年に比べ参加した学生減少。応募に面倒と感じる学生増?
などなど、コロナ禍の美術系学生の就活における実態を詳しくご覧になれます。

【2022年版】美術系学生就職活動の実態調査をダウンロードする