職務経歴書作成のキ・ホ・ン【デザイナー・クリエイター編】

forc01

転職活動をはじめるにあたり、まず最初に作成するのが履歴書・職務経歴書。
デザイナー・クリエイター向けに書類選考を突破できる職務経歴書の作り方、まずは基本を学んでいきましょう!

 

職務経歴書の基本の「キ」、フォーマットについて

職務経歴書は手書きではなく、PCで作成するのが主流になっています。
社内で出力し回覧するケースもあるので、A4サイズで1~2枚程度、職歴が多い方でも「3枚」ぐらいにおさまるようにまとめましょう。

ポイントとしては、
・経験がイメージできるように、会社概要を記載する(勤務先業種、資本金、従業員数など)
・職務内容は、「仕事の概略」や「主な仕事」、「主な担当クライアント」などを見出しを付けたりして読みやすくする
・「応募企業で生かせる経験」を自分の強みとしてしっかりアピールする
・使用できるアプリケーションやその習熟度を記載する
と言った点があげられます。

○退職理由を記載するかはケースバイケース
応募企業にとって特に懸念されないような内容が理由の場合は記載しましょう。
また、「会社都合」など仕方ないと判断されるような理由の場合は、記載しておくことで誤解されずに済むメリットもあります。

逆に、全て「自己都合で退職」となるような場合や、マイナスと取られるような理由の場合は、記載せずに面接時に口頭で伝えるとよいでしょう。

○短い職歴は省いてしまってもOK?
試用期間の1~2ヶ月程度で退職してしまった企業など、短い職歴まですべて記載するかどうかは悩みどころです。
「バレないでしょ!」と、実際に短い期間は省いて記載している方も見受けられます。

しかしながら、雇用保険の加入状況などで調べようと思えば調べられてしまうものです。
入社が決まった後で直近の会社での源泉徴収票の提出が必要になったり、雇用保険加入手続きで経歴に記載していなかった職歴が発覚するケースも少なくありません。
また、意外と顔見知りも多い狭い業界ですので、隠していても横のつながりなどで短期の就業経験が発覚することもあるかもしれません。

例え詐称するるもりがなかったとしても、発覚した際に経歴詐称を疑われてしまい損をする可能性があります。

短い経歴を省いて記載している場合は、あらかじめ「アルバイト勤務や短い経歴のものは省いてあります」記載したり、面接時などに口頭では説明をしておくなど、応募企業には何かしらの形で伝えておく必要があるでしょう。

○派遣やフリーランスの経歴はどうすべき?
基本的には他の職歴と同様に記載されることをオススメします。
デザイナー職については、派遣の経歴をマイナス評価されることは少ない傾向にあります。
また、マイナス評価されそうだからと記載しない場合、空白期間と捉えられたり、詐称とされてしまう可能性があります。

尚、短期の派遣などで複数社就業している場合は、全部を細かく記載するよりも、「派遣就業」として見出しを付けて、その中で就業先した勤務した会社名や主な業務内容を記載するのがオススメです。
見せ方を工夫することで、逆に豊富な経験をアピールできる可能性もあります。

 

職務経歴書の基本の「ホ」、企業が見ているポイントを意識する

職務経歴書は自分をアピール販促ツール、としてとらえましょう。
しっかり下記のような企業から見られているポイントを押さえて、応募企業に自分をアピールできる内容を意識しながらまとめます。

○職務の詳細な経歴や身に付けてきた能力など、実務能力

○仕事に対する意欲などが必要としている人材像と合致するかどうか

○自分の強みを自覚してアピール出来ているか

作成した後で採用担当者の目線で内容を読み返してみると、読みづらい個所や分かりづらい表現などに気付けると思います。
一度出力して、内容を読み返してみてください。

 

職務経歴書の基本の「ン」、読みやすいような工夫を

クリエイティブ系の職種では、見出しやレイアウトなどでいかに見やすい職務経歴書を作成するかを見られるケースも少なくありません。
実際に企業から内定をもらっている人の職務経歴書は、見出しのデザインや箇条書きなどで見やすいような配慮がされているものが多く見受けられます。
下記のような点に注意しながら文章を作成し、レイアウトしていくとよいでしょう。

○就業期間の表記を「和暦」か「西暦」かを履歴書の記載と統一して見やすくする

○最初に今までの経歴の要約を記載することで、興味を持ってもらう

○経歴を羅列するのではなく、見出しやレイアウトを工夫して見やすいように要素を整理する

○ひとつの文章は短く、場合によっては箇条書きなどで読みやすくする工夫をする

 

おまけ 職務経歴書を送る際の注意点

せっかく頑張って作成した職務経歴書も、提出の仕方次第では通るものも通らなくなってしまいます。
提出する際に注意するポイントをまとめておきますので、送る前にチェックしてみてください。

○出力した際にきちんと印刷をされているかチェックを!
・特にExcelで作られている場合は、画面の表示と実際の出力が異なる場合があるので注意しましょう

○データで作成した際は見逃していた誤字があるかも?出力後に内容を見直してから提出する

○郵送時は下記に注意を!
・同封した書類を明記した送付状を添付する
・封筒の宛名書きは、会社や部署宛、担当者個人宛など送り先によって書き方が違ってくるので注意!
・折れ曲がったり、汚れたりしていないか、封筒から出した時の書類の第一印象も意識する

○データで応募する場合は、MacでもWindowsでも開けるようにPDF形式で
・Illustratorで作成する際は、pdf保存の際に[最小ファイルサイズ]で保存する等、データサイズが重くならないよう注意してください

上記のポイントを押さえながら、見やすく分かりやすい職務経歴書を作成して、書類選考突破を目指しましょう!

尚、優クリエイトではスタンダートな職務経歴書の雛形も用意しています。
(PDF版/Excel版)
もしどのように作成するか迷われたら、お気軽にご相談ください。

 

─────お気軽にお問合せください!─────

★ご登録を希望される方:オンライン仮登録

★正社員の転職支援:グラフィックデザイナーなどの正社員求人・転職

★単発(スポット)・短期的に働く:スポット派遣で働く

★週4日以下・時短の情報はこちら 週4日以下・時短で働く

★《Facebook:イベント・求人情報掲載中》
http://www.facebook.com/#!/YUcreate

★《Twitter:お役立ち情報・求人情報配信中》
https://twitter.com/ycreate

★《Twitter:ゆるーくつぶやき配信中 優クリなかの人》
https://twitter.com/ycreate

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*