在宅・業務委託│優クリ-Lab for Creator

フリーランスだからこそ大切にしたい、心と身体の「休め方」

フリーランスや個人事業主において「どのように働くか」といったテーマはよく見聞きしますが、不思議と「どのように休むか」についての言及はあまりありません。しかし、フリーランスは個人事業主。個人であるから、会社以上に、自身が元気に働けなければいけない必要性が強いと言えます。今回のコラムでは、そんなフリーランスの「休み方」について考えていきたいと思います。

続きを読む

【恐怖の実録!!】フリーランスが無保険で入院すると”精神的・金銭的”にどのような状態になるのか

今回このコラムでは、筆者の体験をもとに「フリーランスが無保険(国保のみ加入)で入院すると具体的にどうなるのか?」、そして「どのような対処をすればよいのか?」などを当時の具体的な状況を挙げながら、記していきたいと思います。モデルケースは筆者〈35歳の独身男性/フリーランスのグラフィックデザイナー・ライター/保険は国民健康保険のみ〉。「鼻出血」で入院し全身麻酔にて焼灼。入院期間は2週間、その後の通院期間は1ヶ月です。

続きを読む

【Webライター】Webメディアを担う大手クラウドソーソングの裏側(WCC記事)

「紙媒体が弱くなった」と言われて久しい昨今、それに反比例するように、Webメディアが台頭しています。若者を中心に「文字はスマホでしか読まない」という人も少なくありません。このような環境下、Webには膨大な「書き手」がおり、また、必要とされているということ。そしてその需要調整の中心を担っているのが、大手クラウドソーシング会社という実態があります。今回はその裏側を、発注者として利用している現役Webディレクターの筆者がご案内します。

>> 記事の続きはこちら(Web Creator’s キャリア)

【現役Webディレクターの本音シリーズ:最終回】稼げるWebライターになるには?有名になるのが先か、ライターをしながら有名になる方が得か

Webライターの門戸は広く、クラウドソーシングのマッチングサイトやWebメディアでも「未経験OK」「ママの隙間時間にお小遣い稼ぎを!」というキャッチコピーなどでWebライターを募集しているところが多くあります。その反面、プロのWebライターさんの多くから「Webライターだけでは稼げない」「紙媒体と同様のクオリティを求められるにも関わらず、記事単価が安い」といった不満の声も聞こえてきます。
今回はWebディレクターの視点から、「稼げるWebライター」になるのはどうしたらいいのかについて書いていきたいと思います。

>> 記事の続きはこちら(Web Creator’s キャリア)

【現役Webディレクターの本音シリーズ】Webライターで生きていくためのSNS活用術

Webディレクター・Webライターとして活動している筆者は、Webライターを生業にしていきたいという人や、稼げるWebライターになりたいのだけど、どうすればいいか、という相談をよく受けます。そこで今回は、Webディレクターの視点から、これからWebライターになろうと思っている人、もっと稼げるWebライターになりたい人のためのひとつの手段として、SNS活用術について紹介していきます。

>> 記事の続きはこちら(Web Creator’s キャリア)

【ママクリエイター】復帰直前のママクリエイターへ! フリーランサーが復帰までにやっておきたいこと

前回は「【ママクリエイター】復帰直前のママクリエイターへ! 仕事に穴をあけないための入園準備スケジュール」をご紹介しました。今回はその後編として、フリーランスの方向けに、復帰後の仕事をスムーズにスタートするためのアイデアをピックアップしてみました。復帰後でも行えることなのですが、復帰前に行っておくことで、より万全にスタートダッシュから出遅れない体制を作り、仕事をスタートさせることができます!

続きを読む

【ママクリエイター】復帰直前のママクリエイターへ! 仕事に穴をあけないための入園準備スケジュール

無事に保育園や幼稚園が決まり、4月の仕事復帰を目指して入園準備も始めている人もいますよね。これから始まる園ライフで仕事への支障を最低限に抑えるためには、この準備期間にきちんとリスクヘッジをしておくことが重要です。思う通りにいかないことが起きたとき、仕事に穴を開けないための入園準備スケジュールを現役保育園児のママでありフリーランス筆者が提案します。

続きを読む

「主婦ライターチーム」が台頭するWeb業界から見る「フリーランス」の働き方(WCC記事)

ママライターという言葉をよく目にするようになりました。ママ向けWebメディアは多く存在し、そうしたメディアが「子育てしながら在宅でできる仕事」というキャッチフレーズで募集をかけたり、子育てブログを発信し続けた結果メディアからも執筆依頼が舞い込んだり、という形で、実際にライターとして活躍するママは増えてきています。
そんなママライターたちが、優秀なトップの元に集まりチーム化する動きが出てきています。今回は、頼れる「主婦ライターチーム」とは何か、そしてママライターの実情を、現役Webディレクターの筆者が紹介します。

>> 記事の続きはこちら(Web Creator’s キャリア)

【フリーランスライター】得意分野の仕事を増やすために!ライターができる3つのこと

ライターの仕事は、商品紹介の文面作成から本の執筆まで内容が多岐に渡ります。ジャンルにこだわらずに仕事を受けるのは、仕事の幅を広げたいときには良いのですが、案件との相性が良くない場合は記事を仕上げるのに多くの時間が必要になったり、ときには書くのが苦痛になってしまったりする場合もあります。
「できることなら得意分野の仕事をもっと増やしたい」と感じている方は多いのではないでしょうか。今回は、現役ライターである筆者が、得意分野の仕事を増やすために実践している方法をご紹介します。

続きを読む

【ママさんライター】気づけば締め切りラッシュでパニック!ということにならないためのスケジュール管理術

ライターの悩みと言えば『どうやって締め切りを管理するか』ということがひとつ挙げられると思います。リサーチや取材と構成練り、執筆にかける時間配分は? 締め切りを守るために覚えておきたいことは? 複数の仕事先からの依頼で締め切りが重なってしまったら? 2人の子どもを育てながら執筆活動をしている筆者が、滞りなく仕事を進めるコツをお伝えします。ママに限らずライターを始めたばかりの方にも参考になるはずです。

続きを読む