【スポット・短期派遣】社員の夏期休暇。代替クリエイター、間に合っていますか?

【スポット・短期派遣】社員の夏期休暇。代替クリエイター、間に合っていますか?

こんにちは。デジタルマーケティング部の宮本です。
7月も終わり、8月夏休みシーズン到来ですね!
 
今回は、社員の夏期休暇や想定外の案件獲得による代替クリエイターの活用法について、お話させていただきます。

社員の夏期休暇。取得しやすいのは連休前後

まず、社員の夏期休暇のスケジュールは把握していますか?
 
今年2021年(令和3年)のお盆休みは8月13日(金)から16日(月)までの4連休ですが、有給休暇などを上手く使えば、8月7日(土)から16日(月)まで10連休にすることができます。
 
しかし、クリエイティブ業界ではプロジェクト進行を滞らせないために7月~9月にかけて各自で分散し、プロジェクト進行に穴が開かないように代理対応をすることがほとんどかと思います。
 
そこで、社員が比較的夏季休暇を取りやすい期間を洗い出してみました(下図)。
2021年8月9月カレンダー
図のように、8月の山の日や9月の敬老の日・秋分の日といった祝日と組み合わせて長期間の夏期休暇を取得するケースも多いようです。

社員クリエイター不在時のピンチヒッターは「ユウクリの派遣クリエイター」!

そうなると、必然的に各社員と重複してしまう日も多くなりますね。
 
御社では、社員の夏期休暇の取得期間が複数メンバーと重なっていたりしませんか?
 
クリエイティブ業界では良くも悪くもまさかの想定外もつきもの。
リソースが少ない時に限って突発的に入ってくる案件が重なったり、大掛かりなデザイン変更が入ったり…。
このような事態で社員で担保できなくなってしまう場合、どのように課題解決をされますか?
 
そんな急なリソース不足には、ぜひユウクリの派遣クリエイターを頼ってください!
 
ユウクリには、20~40代の即戦力の派遣クリエイターが多数登録しています。
下の図は、スポット・短期派遣を希望する登録者のデータです。
クリプラス
グラフにある通り、実務経験10年以上のフリーランスのグラフィックデザイナー、Webデザイナーが多くを占めています。
さらに、制作会社出身者が多いため、突発的なクリエイティブワークにも柔軟に対応できるスキルを持っているクリエイターがほとんどです。
 
実際にご依頼内容として多いのは、制作会社様からのアイデア出し、カンプ制作、赤字修正といった業務内容を担うリソース増員です。
最近ではクリエイティブ内製化が進んでいる事業会社・メーカー様からのご依頼も増えてきています。
具体的な活用事例については、こちらもぜひご参照ください。

【クリプラス】働き方改革で変わった?最新の活用例を公開!


 

 
クリプラスサービスは、今ではユウクリの強みとなっております。
 
ユウクリは過去多数の派遣実績を培っていった中での失敗事例・成功事例からナレッジを蓄えています。
そんなクリエイティブの知識・理解を持つ担当営業・キャリアアドバイザーがスピーディにマッチングを対応しているため、ミスマッチも低減できています。
まだ派遣クリエイターを活用したことがない企業にこそ、ぜひ1日からでもお試しいただきたいサービスです。
 
尚、良いクリエイターと出会った際には、以下のオファーも可能です!
✔リピート就業
✔長期派遣就業
✔社員化

 
夏期休暇の代替だけでなく、社員の急な退職や休職、産休代替など、ピンチヒッターを必要とする場合にもぜひクリプラスをご活用ください!

クリプラスのセミナーも開催します!

「クリプラスのサービス一度は利用してみたいけど、イメージが沸かない…」
 
という企業様に向けて、
【スポット・短期求人依頼】でパフォーマンスを最大限に高める方法
と題したオンラインセミナーを8月19日(木)11時~12時にて開催いたします!
 
▼詳細はこちら
【スポット・短期求人依頼】でパフォーマンスを最大限に高める方法
ご興味がございましたら是非お気軽にご視聴くださいませ。

お問い合わせ

※ご連絡・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
株式会社ユウクリ クリプラス担当
tel:03-6712-7970
メール:creplus@y-create.co.jp

※前日18時までのご依頼をいただければ、最短翌営業日スタートでのご案内が可能です。
 ただしユウクリとの初回お取引時には審査や契約締結等の手続きが必要なため、お時間がかかるケースがあります。
 今後ご依頼を検討されている場合には、予め基本契約締結の手続きのみ早期に進めておくことを推奨いたします。
 
▽フォームからのお問い合わせ▽